PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

Apple Watchがレンタルできるという嬉しいニュース。

2015-05-29 Apple Watch


1日あたり339円でレンタル可能!


DMM.comは、家電やアウトドアグッズなどをレンタルできるサービス「いろいろレンタル」で、Apple Watchの取り扱いを開始した。
 

「Apple Watch Sport 38mmシルバーアルミニウムケース/グリーンポーツバンド」を、最長30日間レンタルできる。最短期間は2日間で、料金は以下のとおり。

2日間:3540円(1日あたり1770円)

10日間:7520円(1日あたり752円)

30日間:1万180円(1日あたり339円)

延滞金:1770円/1日

返却時には自宅への集荷も行なっている。現在、送料無料キャンペーンを実施中とのこと。


DMM.comいろいろレンタル

http://www.dmm.com/rental/iroiro/-/detail/=/cid=nr_02012a/?dmmref=ranking




  

操作性・デザイン・機能に優れた、一段格上のミラーレス一眼「X-T10」が富士フイルムから発売された。
2015-05-27-23 FUJI X-T10
FUJI  X-T10

まずデザインと機能。一眼レフでは難しいとされるダイヤル操作が、X-T10では一目瞭然である。
56
赤枠内。「AUTO」と「・」を切り替えるレバーがある。これをAUTOにするだけで、フルオート撮影が行える。これは非常にわかりやすい。手動時は、左のダイヤルがシャッタースピード、右が露出となる。
12
内蔵オートフラッシュ機構。ポップアップする。本体カラーバリエーションはシルバー、ブラックの2種類。
05
ミラーレスならではのなせる業。ボディは381gという軽さ。見た目より一回り小さい。
25
38
主な仕様
有効画素数……1,630万画素
記録メディア……SDXC対応
静止画記録方式……CDF準拠 圧縮:Exif Ver 2.3 JPEG、DOPF対応 非圧縮:RAW / RAW+JPEG
動画記録方式……MOV 圧縮方式:H.264準拠 音声:リニアPCM(ステレオ)
最大記録画素数……<3:2>4896×3264
レンズ……FUJI FILM X マウント
感度……AUTO ISO200〜6400 ISO100 / 12800 / 25600 / 51200
手ぶれ補正……レンズにて対応
顔検出機能……あり
シャッタースピード……60分(バルブ)〜1/32000秒(電子シャッター)
連写……最大約8コマ/秒
セルフタイマー……2秒/10秒
液晶モニター……3.0型



  

何でもネットで何とかなるこの時代。快適に引きこもりたい人は、ボクを含め多いだろう。そんなあなたにうってつけなのはこれだ!
2015-05-27-25 引きこもりハウス
ECOCAPSULE(エコカプセル)

なんだこのオパオパみたいなのは。説明しよう。このカプセルは、一人用の究極の引きこもりカプセルなのだ。
2015-05-27-27 引きこもりハウス
完全にオパオパである(飛びません)

中に入ると、こんな快適な空間が!
2015-05-27-29 引きこもりハウス
右にベッド、奥にはキッチン
2015-05-27-30 引きこもりハウス
間取り図

右上にベッドがあり、窓が開く。向かいには作業台。足元が収納スペース。作業台の横が入り口。入ったら左手にキッチン。そしてトイレとシャワーがある。
2015-05-27-31 引きこもりハウス
晴れたら充電。風の日は発電。雨なら雨水を貯める。

さすが全天候型引きこもりカプセルだ。これならどんな日でも引きこもれる。
2015-05-27-32 引きこもりハウス
重さ1.5tしかないため、車でどこへでも行ける。
2015-05-27-26 引きこもりハウス
雪の中で静かに引きこもり
2015-05-27-33 引きこもりハウス
ビーチでみんなで引きこもり
2015-05-27-34 引きこもりハウス
満天の夜空の下、引きこもり。

ここまでくると、引きこもりがもはやレジャーとなるからスゴイ。

快適かつエコな住環境を生み出し移動も自由自在の「Ecocapsule」は、スロバキアに拠点を置くデザインスタジオNice Architectsが生み出した新時代のスマートハウスで、2016年前半に発売される予定です。スロバキアからの輸送費用も発表されており、例えばアメリカ・ニューヨークへは2200ユーロ(約29万円)、アルゼンチン・ブエノスアイレスへは1800ユーロ(約24万円)、オーストラリア・メルボルンへは1500ユーロ(約20万円)となっているので、日本への輸送も期待できそうです。

なお、Ecocapsuleは2015年5月28日・29日にオーストリア・ウィーンで行われるPioneers festival 2015で展示され、価格は2015年10月から12月ごろに発表される予定です。

ECOCAPSULE | Dwelling with the spirit of freedom
http://www.ecocapsule.sk




  

MacBookはUSB-Cが1ポートしかないからダメだって!?
2015-05-27-22 MacBook Hub
ないのなら足せばいい。

言わずと知れたクラウドファウンディング「Kickstarter.com」が、MacBook用のUSB HUBを作った。

USB-A×3(電源供給機能付き)
USB-C×2(電源供給機能付き)
SDXCカードスロット×1
Mini Display ×1
リチウムイオンバッテリー内蔵。 
どうだ。これだけ付いてこのiPhoneより小さいこのサイズなら文句ないだろう。

3万5千ドルの応募に対しすでに44万ドルもの応募が集まっている。発売決定だ。現在、1個79ドルで買うことができる。 HDMIアダプターがおまけに付くのは売り切れてしまった。

Hub+ for USB-C



  

未来のMacでは、トラックパッドやマウスなしで画面上を移動できるようになるかもしれない。
apple-fusion-keyboard
Apple Fusion keyboard

AppleがFusion keyboardの特許を取得した。

Fusion keyboardの動作は次のとおり。キー上での指のスワイプ操作によって、トラックパッドと同じように画面上を移動することができる。タッチ対応のキーによって、トラックパッドのすべての機能が提供されるため、表示物のポイント&クリック、選択、ズームインおよびアウト、画面のスクロールなどがキーボードから手を離さずに可能となる。

また、各キーは、2段階の押下が可能なため、キーを押す強さによって異なる作業を実行できる。たとえば、キーを第1段階まで軽く押すと文字の入力が可能だが、第2段階まで強く押した場合にはマウスクリックが登録されているということもあり得る。

さらに、タイプとスワイプが同時に実行できるようになるかもしれない。そうなれば、左手でキーボードの左側をタイプしながら、右手でキーの上をスワイプして画面上を移動するということができる可能性がでてくる。

ただし、特許が出願されたからといって、発明品が実現するとは限らない。が、実現すれば画期的だ。




  

タカラトミーは“浮いて走る”夢のレールトイ『リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット』を今年9月に発売する。

08

新発売となる『リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット』はこれまでのレールトイでは成しえなかった、磁力浮上・磁力走行を同時に行なうリニアモーターカー。モチーフは、2027年に首都圏と中京圏間で営業運転を開始する予定である超伝導リニア車両のL0系。

いかがでしょうか? 滑らかな走行で、信じられないくらい速いです!!

リニアライナーのスピードは、スケール換算すると時速500km/h。磁力浮上して車輪と地面との摩擦がなくなった。また、車輪の摩擦がないため、稼働音もあまりしないです。リニアライナーが「スー」っと駆け抜けていく様子は、まさに未来の車体。

走行する仕組みは、レールに取り付けられた帯状の磁石と、各車両底部の四隅に搭載した4つの磁石の反発することで車体が約2mm浮上。走行時には“推進用コイル”と、タカラトミーが独自開発技術の“高速磁気センサー”が車両一両一両すべてに搭載されていることで、レール上の磁石を感知し、コイルに電流が流れて磁界を発生させ、レールと車両の磁石同士の反発で推進力を発生さえ車両が前進するとのこと。

0526nabe07_cs1e1_480x
車体は約2mm浮いている

開発にあたって、車体を浮かすこと自体は難しくないけど推進させることが困難なため、磁石間の距離や強さなどを試行錯誤したり、独自技術である高速磁気センサーを取りつけるなど、様々な工夫があったそうだ。
0526nabe10_cs1e1_480x
両脇の磁石で浮上、下の磁石で推進する
0526nabe12_cs1e1_480x
製品版ではコントロースステーションに時速が表示される

セットには浮上用磁石が埋め込まれたレールとコントロールステーションが同梱。コントロールステーションには速度感知センサーが搭載され、周回ごとのスケールスピードをモニターに表示する機能や、中央レバーで車両の停車、発車をコントロールする機能、音声アナウンス機能が搭載されており、「間もなく列車が発車いたします」、「時速500km到達」など、停車、発車、走行スピードなどの状況に連動してアナウンスが流れる。

販売価格は37,800円と、子供に買い与える玩具としてはちょっと高いが、リニアモーターカーへの憧れを持っているシニア層を中心とした幅広い世代への訴求を想定しているということ。また、タカラトミーの代表取締役社長の富山幹太郎氏いわく、初期の価格はあくまで「スタート」。超電導リニアが実際に開業になる予定の2027年には価格も抑えられるかもしれない、とのことだ。

タカラトミーモール
http://takaratomymall.jp/shop/g/g4904810825999/



  

Technicsらしい製品が爆誕! 往年のTechnicsデザインを完全ブラッシュアップした、オーディオコンポが発売された。
2015-05-27-1 Technicsコンポ
Technics プリメインアンプSU-C700

特長は、何と言っても古き良き時代のアナログVUメーターが装備されていること。それに電源スイッチにTechnicsらしいトグルスイッチを採用したこと。古き良きデザインを踏襲しつつ、主な入力にデジタル同軸ケーブルを採用したことで、音質を飛躍的に高めた。
2015-05-27-6 Technicsコンポ
Tecnics ネットワークオーディオプレーヤーST-C700

こちらはSU-C700にデザインを合わせた、ネットワークオーディオプレーヤー。デジタル音源の母艦となる。電源スイッチにデザインを統一させ、最新の技術を盛り込んだ。
2015-05-27-4 Technicsコンポ
Tecnics CDプレーヤーSL-C700

そしてCDプレーヤー。これもデザインを統一している。MP3再生にも対応する。
2015-05-27-7 Technicsコンポ
Technics スピーカーシステムSB-C700 [ペア]

スピーカーシステムSB-C700との組み合わせ。全て揃えると、大変モダンなコンポーネントが楽しめる。

特にハイレゾを謳ってはいないが、何もハイレゾだけがオーディオではないだろう。音質の良さはTechnicsブランドなので折り紙付きと言える。オーディオファンとして、Technicsブランドが蘇ったことは、何より嬉しい。これをPanasonicブランドで売ったら、価値は半減するだろう。

市場価格は
SU-C700……約17万円
ST-C700……約15万円
SL-C700……約14万円
SB-C700(2台で)……約18万円

合計すると約65万円の高級オーディオ。この高級感がたまらない。最近なかった贅沢。価値ある買い物だ。

Technics プレミアムクラス C700 シリーズ コンポーネントシステム
http://jp.technics.com/products/c700/integratedamplifier/



  

たった2小節のメロディーを鼻歌で歌うだけで、楽曲を1曲、丸ごと作成してしまうという、カシオ計算機のiPhone用アプリが大人気だ
2015-05-26 Chordana Composer
CASIO「Chordana Composer」

作曲はできないけれど、曲を作ってみたい――。そんな矛盾した願いを実現してくれるのが、カシオ計算機がリリースしたiPhone用アプリ「Chordana Composer」だ。これは、たった2小節のフレーズを入力し、曲のジャンルと曲調を選ぶだけで、フレーズをもとにメロディーや伴奏を自動的に作成し、1本の曲を作り上げてしまうというアプリ。フレーズの入力は鍵盤を用いるだけでなく、マイクから入力することも可能。つまり鼻歌を歌うだけで、曲が1曲完成してしまうのだ。

Chordana Composerを開発したカシオ計算機のコンシューマ事業部 企画部 アプリ企画推進室の南高純一氏にこのアプリの開発理由について聞くと、やはり「誰でも頭の中に自分のメロディーがあって、世間のヒット曲よりもそちらの方がいいと思っている。それだけに、頭の中のメロディーをにしたいという潜在的な願望があるのではないかと思い、アプリとして開発した」とのこと。誰しもが密かに抱いているニーズを顕在化できたことが、アプリのヒットにつながった。 

ではChordana Composerはどうやって2小節のメロディーから曲を作っているのだろうか? 「多くの独自ノウハウが詰め込まれている」と話す南高氏に、その仕組みをできるだけ簡単に教えてもらった。

アプリを利用するには、まず最初にフレーズを入力(鼻歌の録音、またはピアノ鍵盤による演奏)し、どんな風に仕上げたいのか、曲のジャンルや曲調を設定する。アプリには、人間が自然な音階と感じる音符の接続ルールや、コード進行などのデータベースが収録されており、入力フレーズをもと曲の骨組みと言えるモチーフを生成。そこに曲調ごとのリズムとテンポ、そして伴奏や間奏を付け加えて作曲するという。

2015-05-26-8 Chordana Composer

人間が聴いて自然と感じるメロディーには音符の接続ルールがあり、それはキーとコード進行によって決まってくる。アプリは曲調ごとの「らしい」コード進行や接続ルールを元に、独自のアルゴリズムによってモチーフからイントロ、Aメロ、Bメロ、サビといったメロディーを構成し、伴奏を作り上げていくのだそうだ。そこには、ユーザーが入力するフレーズはもちろん、楽曲のジャンルと曲調、そしてメロディーの動きの大きさやテンションなど、いくつかのパラメーターが大きく影響してくる。

完成した曲はアプリ上の五線譜にも表示され、音符を直接タップして編集することもできる。その際に譜面を見ると、赤や青で表示された音符が出てくる。これはメロディー内の音がコードに合っているのか、テンション(和音を構成する音以外で緊張感を与える特徴的な音)なのか、あるいはコードから外れるため利用に注意すべき音(アボイドノート)なのかを判別して表示されるもの。この仕組みがあることによって、音符が苦手な人でも、簡単にかつ音を外すことなく編曲ができるという。

2015-05-26-9 Chordana Composer
 
ちなみにChordana Composerが“2小節で作曲できる”とうたっているのは、最初のバージョンではマイクによる入力が2小節までしか対応していなかったことが大きいという。だが現在ではマイク機能が改善されたことで、設定を変更して入力できるフレーズが1~8小節まで変更できるようになった。ということで、実は1小節のフレーズだけでも作曲が可能なのだ。

自然な形で自動作曲を実現したのに加え、一見すると複雑に見えるという複雑な仕組みを、手軽に利用できるよう設計しているのも、Chordana Composerの大きなポイントといえるだろう。実際、鍵盤だけでなくマイクから音声を入力できるだけでなく、作曲を開始してから、曲が完成するまで待たされることなく、瞬時に曲を楽しめるようになっている。

南高氏も「時間をかければより多くの取り組みができるが、誰でも楽しめるよう、できるだけ短時間で作曲できるようにした」と話しており、譜面が読めなくても作曲を楽しめることを強く意識していることが分かる。もちろん、作曲の知識や経験のあるユーザーが使えば、より楽しめるのは間違いない。

Chordana Composer(コーダナコンポーザー)
http://world.casio.com/app/ja/composer/




  

タッチパネルではなく、ペンを使ってメモを取りたい。
 2015-05-21-01 phree
手の甲でもメモが取れるPhree

デジタルペンというアイテムもあるが、専用のノートを使用するものが多いため、気軽に持ち運べないというデメリットもあった。

しかし、いつでもどこでもペン1本でメモが取れて、通信デバイスとしても使用できる「マルチな機能を持つアイテム」Phreeが発表された。現在クラウドファンディングサイトの『Kickstarter』で出資を募っている。

ペン先の部分には専用のタッチセンサーとレーザーセンサーが内蔵されており、腕やテーブルのうえだけではなく衣服や布のうえなど、場所を選ばずにペンを使用することができる。

書き込んだデータは指定のデバイスにすぐ反映され、スマホやタブレットを手に持ちながらの従来のスタイルでも、本体のみでもメモを取ることができる。 

2015-05-21-02 phree
ペンなのに電話もかけられる

さらには『Phree』の本体にタッチ式のディスプレイを採用しており、Bluetoothとマイクとスピーカーも内蔵しているので、通信デバイスと接続して電話をかけたり、メッセージの送受信など、端末としても使用できるという。
 2015-05-21-03 phree
なにもんなんだこいつは

この『Phree』は、デバイスに直接タッチして書き込むスタイラスペンや、専用のノートを必要とするデジタルペンとも異なり、書くこと以外の機能も充実しているので、もしヒットするようなことがあれば新たなジャンルとして扱われる可能性が高いだろう。

もしかしたら『Phree』のようなディスプレイと通信機能を備えたペンが、次の“スマートウォッチのような存在”となっていくのかもしれない。

現在のこのプロジェクトは目標額の2倍以上の出資を得ており、良いスタートを切れたといえるだろう。『Phree』は機能の多さだけではなくセンサー部分の技術も注目されているようなので、今後の動向に注目したい。

Phree



  

小型軽量。液晶搭載。お値段たったの3,980円のドライブレコーダーが、テックから発売された。
2015-05-22-1 ドライブレコーダー
ドライブレコーダーTECDVRVGA

動画・音声記録/写真撮影などの機能はもちろん、サイクル録画(古いファイルの自動上書き)や動作検知機能。厚みがわずか1センチ、重量42グラム。
2015-05-22-2 ドライブレコーダー
取り付けイメージ

本製品は動画・音声記録/写真撮影ができる2.4インチ液晶搭載のドライブレコーダー。昼間だけではなく夜間の撮影も可能。古いファイルから自動上書き録画するサイクル録画対応なので、SDカードの容量不足で録画ができなかったなんてこともありません。

シガーソケット給電で、12V車だけでなく24V車にも対応しているのでトラックなどの大型車でも利用できます。
2015-05-22-3 ドライブレコーダー
昼間の映像

2015-05-22-4 ドライブレコーダー
夜間の映像

【仕様】
イメージセンサー:1/6 color CMOS Image Sensor
動画解像度: 640×480ピクセル
フレームレート:最大30コマ/秒
静止画解像度:640×480 / 1280×1024ピクセル
画角:70度(対角)
インターフェース:USB2.0
電源:カーチャージャー(シガーソケット)
記録媒体:microSDカード(32GBまでの対応、SDHC対応)
記録時間:約10時間(32GB SDカード使用、640×480pixel時)
保存動画形式:AVI
保存写真形式:JPG
ファイルサイズ:40分間の撮影で約2GB
※撮影対象の動きによりファイルサイズは変わります。停止時の撮影ではサイズは小さくなります。
付属品:USBケーブル、カーチャージャー(12V/24V対応) 固定ホルダー、取扱説明書
サイズ:77mm×36mm×52mm

アスキーストア
http://ascii-store.jp/p/4533239026993/?aid=wamplus

 


  

三社祭でドローンを飛ばすことを「ほのめかした」として少年が逮捕された。ボクはこの逮捕は単なる見せしめで、法治国家としては不当なものであると思っている。
2015-05-22 ドローン
画像はドローンのイメージです

そもそも、総理大臣官邸にドローンを飛ばした犯人を、現行犯で捕まえられなかったり、2週間も不審物が見つからなかったことが警視庁の大失態で、犯人が出頭しなければおそらくまだ捕まっていないだろう。

その失態から世間の目をそらさせるために、今回の三社祭くんに難癖つけて逮捕したというのが実態だろう。大体、今回に限っては、三社祭くんはドローンを飛行させるとは一言も言っていない。

別にボクは三社祭くん(15)が 善い行いをしているとは思わないが(実際、彼のニコニコ動画はひどいもんだ)、それ以上に、警察は良くない。

第一、今回逮捕しても厳重注意くらいで終わるのが見え見えで、立件起訴できないだろう。なぜなら法律がまだないからだ。起訴できないのになぜ逮捕状が出ているのか。不思議である。

それに、仮に三社祭にドローンを飛ばして、最悪落下しても、怪我をするのは人ではなくて、ドローンが壊れるだけだと思う。その意味では東本願寺事件はまずいとは思うけどね。 


  

スマホ依存に関する調査の結果を、MMD研究所が発表した。
2015-05-22-1 スマホ調査
スマホをいつ使っているか

帰宅後、寝るまでずーっとが最も多い5〜7割がこの時間帯にスマホを利用する。朝起きてから家を出るまでの忙しい時間帯にスマホしている根性のある人も、4割近い。
2015-05-22-2 スマホ調査
1日何時間スマホを使っているか

最も多いのは2時間未満だが、7時間以上という強者も1割存在する。

これらから、寝る前の睡眠時間を削ってスマホをいじる姿が目に浮かぶ。LINEばっかりやってる人、寝る前にやるとエンドレスになるから、さっさと寝なさい。(←自分に言ってる。)


  

サンワサプライは、スマートフォンに無線LANで接続して使えるハンディスキャナ「400-SCN017BK」を発売した。
2015-05-21 magicscan
ハンディスキャナ「400-SCN017BK」

通販サイト「サンワダイレクト」のみの限定販売。税込価格は1万2800円。

雑誌や書類などをなぞってデータ化ができ、電源には単4形電池4本を使用。USB ACアダプタでの駆動にも対応する。スキャンデータは、iOS、Android用の専用アプリを使って、Wi-Fi経由でスマートフォンなどに転送できるほか、付属ケーブルを使ってPCに直接保存したり、本体のカードスロット経由でmicro SDカードに保存したりできる。

読み取り解像度は900/600/300 dpiだが、PC接続時のみ300dpiになる。保存形式はJPEG、PDFのほか、OCR機能を備え、テキストデータに変換することも可能だ。スキャン可能サイズは幅217mm×長さ1200mmまで。カラー約100枚、モノクロ約150枚(アルカリ電池使用の場合)までの連続スキャンに対応する。

サイズは、高さ31.5mm×幅256mm×奥行き26.2mm、重さは約159g(乾電池を除く)。対応OSは、Windows Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.4以降、Android 4.0以降、iOS 5.0以降。

性能その他に文句はない。ぜひこの製品を営業みんなが持っていてほしい。持っていたらかっこいいと思う。が、普通持ってない。それほどIT化は進んでいないのが実情だ。

ボクが言いたいのは、スキャナを持ち歩くのが嫌なら、書類を送信するには、スマホで写真を撮って送ってほしいということだ。図表ならそれで十分伝わると思うのだが。

ちゃんとスキャンしたければ、会社の複合機でスキャンすれば良い。ADFが付いているので速いだろう。ただ、この場合、カラー複合機じゃない会社もまだまだ多いので、ハンディースキャナーの活躍の場は十分あるだろう。

サンワダイレクト
http://direct.sanwa.co.jp/top/CSfTop.jsp


  

VAIOが超本気出した。プロの絵描きの意見をふんだんに採り入れたVAIO Z Canvasを発売した。
2015-05-21-1 VAIO Z Canvas
VAIO Z Canvas

これは普通のタブレットではない。まさにプロ仕様。アマチュアお断りと言わんばかりの性能を誇る。

主な仕様

ディスプレイ……12.3型(2560×1704)

CPU………………Core i7-4770HQ(2.2GHz)

メモリー…………8GB / 16GB

SSD………………256GB / 512GB / 1TB

オプション………MS Office 365 各種、CLIP STUDIO PAINT PRO、Painter 2015 製品版

2015-05-21-2 VAIO Z Canvas
考え得る最高の性能を誇る

A4タブレットで2560ドット越え、i7 / 16GB / SSD1TB なんて、とても他にはない。デスクトップでもここまでの性能のマシンは数える程だろう。
2015-05-21-4 VAIO Z Canvas
ディスプレイが外せるので楽に描ける

こうやって左にショートカットキーを、右にペンを持ってくることにより、腕にかかる負担を軽減させることができる。
2015-05-21-5 VAIO Z Canvas
こんなにポートいるんかいな

Appleはポート類を無くす方向へ向かっているが、VAIOは逆だ。Proこそポート類は必要と考え、なんと有線LANまで備える。とどめはHDMI & Mini Displayポートだ。タブレット型でこの2つを備えるのは世界初ではなかろうか。しかも4Kデュアル出力が可能。もう無茶苦茶だ。 


気になるお値段は249,800円〜(税別)。
言っておくが、最低構成で25万越えだぞ。フル構成にすると50万ぶっ飛ぶ。これはもう一生モノだ。買うなら人生賭けるしかない。

VAIO
http://vaio.com



  

買うなら5月中に! Surface Pro 3が、6月1日(月)から最大3万4000円値上げする。
2015-05-12 Surface Pro 3
Microsoft Surface Pro 3

■Surface Pro 3 (i3 / 64GB モデル)
 一般向け:現 9万1800円→新 10万7800円
 法人向け:現 8万4800円→新 9万3800円

■Surface Pro 3 (i5 / 128GB モデル)
 一般向け:現 11万1800円→新 12万6800円
 法人向け:現 10万800円→新 11万2800円

■Surface Pro 3 (i5 / 256GB モデル)
 一般向け:現 13万9800円→新 16万2800円
 法人向け:現 12万4800円→新 14万8800円

■Surface Pro 3 (i7 / 256GB モデル)
 一般向け:現 16万4800円→新 19万8800円
 法人向け:現 15万3800円→新 18万4800円

■Surface Pro 3 (i7 / 512GB モデル) 
 一般向け:現 20万2800円→新 23万3880円
 法人向け:現 19万1800円→新 22万4800円

このほか、カバーやアダプターなどの周辺機器も値上げする。
Surface Pro 3を買うなら、5月中に買っておこう!


  

Amazonが、Kindleストアにて、「最大30%ポイント還元セール」と「最大30%OFF お買い得セール」を開催しています。

2015-05-13 kindle

対象となっているのは「最大30%ポイント還元セール」が14冊、「最大30%OFF お買い得セール」が679冊。期間限定の為、欲しい本がある方はこの機会に是非どうぞ。



  

大容量ファイルの受け渡しで、最近人気なのがSend Anywhereだ。だが、もっと簡単に送れるサービスがある。BitSendだ。
 2015-05-12 BitSend
「BitSend」

ファイルをドロップして、メールアドレスを入れるだけである。Send Anywhereにあるような、Pinコードなどいらないし、面倒なインストールも必要ない。

スマホには対応していないが、そもそもスマホで大量データを送る場面があるのだろうか? BitSendこそ、知る人ぞ知るツールである。

BitSend
https://bitsend.jp


  

パイオニアブランドの「究極のフラッグシップモデル」として、オープンエア型の「SE-MASTER1」を5月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25万円前後。オプションとして、バランス接続用のケーブル「JCA-XLR30M」も5月中旬に発売、店頭予想価格は3万円前後。
2015-05-12 Pioneer SE-MASTER1
Pioneer SE-MASTER1

パイオニアが培ってきた、ヘッドフォン、スピーカーの音響技術やノウハウを集結させ、開放感のある高音質再生と快適な装着感を実現した」というヘッドバンドタイプの最上位モデル。設計から生産まで、全てを国内拠点で行なうことで高い品質も実現しているという。熟練マイスターが1台1台組み立てており、シリアルナンバーも刻印。5月16日~17日に中野サンプラザで開催される「春のヘッドホン祭2015」に出展される。

採用された振動板

ユニットは、PCC処理を施した厚さ25μmのアルミニウム振動板と、PEEK複合フィルムエッジを採用した50mm径。PCCはParker Ceramic Coatingの略で、振動板の表面に高硬度のセラミック皮膜を形成させるもの。PEEK(Poly-ether-ether-ketone)はスーパーエンジニアリングプラスチックに分類されるもので、耐久性に優れた熱可塑性の超耐熱高分子樹脂となる。

ハウジングには高剛性のアルミニウム合金を採用。ユニットを金属部品でベースに強固に固定する「フルバスケット方式」を採用した。さらに、ベース、ハウジング、ハンガーの連結部にはゴム部材を挟むことで、フローティング構造とし、ユニットからの振動を軽減し、左右の音のセパレーションも向上させたという。

音質チューニングは、英国のレコーディングスタジオ“AIR Studios”で行なったという。

出力音圧レベルは94dB、再生周波数帯域は5Hz~85kHz。最大入力は1,500mW。インピーダンスは45Ω。

装着面では、2種類のテンションロッドを同梱。付け替える事で、頭部への側圧を調整できる。イヤーパッドは、低反発ウレタンフォームを三次元形状にしたもの。内側に柔らかなスエード調人工皮を使っている。

2015-05-12 Pioneer JCA-XLR30M

ヘッドバンドとハンガー部には、軽量で高い強度を持つ“超ジュラルミン(アルミ合金)”を採用。

ケーブルは着脱式で、MMCX端子を採用。アンプとの接続端子は標準プラグ。布巻と無鉛PVC素材の2種類の被覆を使用している。長さは3mのOFCリッツ線。重量は460g(ケーブルとテンションロッド含まず)。

別売のバランス接続用のケーブル「JCA-XLR30M」も5月中旬に発売、店頭予想価格は3万円前後。「SE-MASTER1」をバランス駆動するためのケーブルで、アンプ側の接続端子はXLR3(2:JPT 3:COLD)となる。重量は168g、長さは3m。

パイオニアヘッドホン特設サイト
http://pioneer-headphones.com/japanese/ 


  

SONYは、ヘッドフォン/オーディオ周辺機器/記録メディア/カメラ/カメラ周辺機器/ラジオなど計288機種の値上げを5月21日(木)から実施する。

2015-05-12 SONY DSC-RX10
SONY DSC-RX10

理由は「昨今の為替の急激な変動」。今回の価格上昇は実質5~20%程度なる見込み。いずれもオープン価格のため、いくら上がるのかは明示されていないが、購入を検討している人は急いだ方がいい。


  

EXPANSYSは5月18日(月)までの期間限定で、ZenFone2が値引き+送料無料で最安2万5440円で購入できるセールを展開しています。

2015-05-13 AenFone2
ASUS ZenFone 2 (海外版)

・ZE550ML-Dual SIM/16GB、CPU Atom Z3580(2.33GHz、クアッドコア)、3色

2万6212円→2万5440円

・ZE551ML-Dual SIM/32GB、4GB RAM、CPU Atom Z3560(2.33GHz、クアッドコア)、4色

3万5490円→3万4715円

国内版では用意されていない、メモリーが4GBでインテルCPUのZ3560(1.83GHz、クアッドコア)が狙い目。性能は上位機種のZ3580(2.33GHz、クアッドコア)に比べるとやや劣りますが、3万4715円と手を出しやすい価格で64ビットのインテルCPUを搭載したスマホをゲットできます。
 

楽天モバイルなどの格安SIMとセットで予約注文できるA500KLも、2万5440円と国内版と比べて1万3000円以上もおトクです。
 

さらに、黒色のラインアップもZE550MLとZE551MLそれぞれあります。国内版だと発売延期になってしまったので、待ちきれない人には絶好のチャンス。

【ご注意ください】

EXPANSYSで販売されているZenFone2は、国内版と比べて利用できる通信の周波数が異なります。このため、FOMAプラスエリアが使えないなどデメリットがあります。例えばドコモの格安SIMを利用した場合、家電量販店や地下にある飲食店などの店舗で通信できなくなることがありました。また、国内版でば文字入力のIMEに『ATOK for Android』が搭載されていますが、こちらも搭載されていません。

EXPANSYS
http://www.expansys.jp 



  

このページのトップヘ