PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

2015年01月

 μ'sが毎朝起こしてくれます。
キャプチャ2
ラブライブ! モーニングコール2

 毎朝変なアラーム音で起きているiPhoneの人、お気の毒様。こちらはAndroidのみのアプリとなります。「ラブライブ! モーニングコール2」(360円)では、毎朝μ'sメンバーから電話がかかってきます。

 アラームボイスは、メンバー9人分×「妹Ver」と「幼なじみVer」の計18種類。これらを、指定の曜日・時間に設定できます。
キャプチャ3
モーニングコールを取ると、たっぷりとおしゃべり。

 おまけに壁紙が付きます。このアプリのためにAndroidを1台買っても良いくらいですね。
Google Play からダウンロードできます。(360円)

 

 ASUS ZenFone2の発売日は、今年3月ごろになることがわかった。
キャプチャ
ASUS ZenFone2 は 3月ごろ、海外で先行発売

 日本ではZenFone5が発売され、コストパフォーマンスが優秀なため人気。

 次期モデルZenFone2はそのスペックがさらに上がり、それでいて価格は199ドルからと極めて魅力的だ。発売は2015年3月からを予定しているが、海外先行発売。日本での発売時期は未定だ。心して待とう。

  • OS Android 5.0 Lolipop with Brand-new ASUS ZenUI
  • CPU 64bit Atom Z3560 / 3580 Quad Core
  • メモリ 2GB / 4GB
  • ストレージ 16GB / 32GB / 64GB
  • ディスプレイ 5.5インチ Full HD(1920×1080)
  • カメラ 背面13MP 全面5MP  f/2.0
  • バッテリー 3000mAh
  • 大きさ 152.5×77.2×10.9mm
  • 質量 170g
  • カラー Glacier Gray / Osmium Black / Glamour Red / Ceramic White / Sheer Gold

 

 SSDがお手頃になってきた。
キャプチャ
512GBが2~3万円で手に入る。

 おすすめしたいのは、480GB~512GB帯の製品。相場は2~3万円といったところだ。円安だが、高くはなっていない。価格は横ばいだ。

 最近はストレージを換装できないPCも多いが、もしHDDで換装可能ならチャンスだ。速度は爆発的に速くなる。

 方法は難しくない。こちらを参考に挑戦してみてほしい。



 

 中国は、「iPhone6」までパクっていた。
キャプチャ1
その名も偉大な「goophone i 6」

 アプリのアイコンがほんのちょっと違うだけ。見た目は iPhone6 そのまま。まるで間違い探しだ。背面のリンゴのマークは何だこれ。ミツバチか?

 こんなの銀座で使ったら、恥ずかしくて死ぬ。

 

 中国が「Apple Watch」のコピー商品を発売した。
キャプチャ
その名も偉大なAiwatch

 誰か本当に訴えてくれ。ここまで来ると、Appleは以前のように、発売直前まで情報統制をした方が良いと思う。
キャプチ2
 ベルトのカラーラインナップは5色

キャプチャ3
本体カラーは4色

 SMSや電話の着信通知、ヘルス管理、スマホのシャッター、振動アラームとして使える。機能的には大したことない。価格399元(約7,600円)。

 こんなの銀座で使っていたら、恥ずかしくて死にそうだ。

 

 Microsoftは、Windows10発売後1年間、無料アップグレード可とする事を発表した。
2015-01-24 Windows10
Windows10は無料アップグレードできます。

 ただし Windows7 / Windows 8.1 / Windows Phone 8.1 からに限る。Windows8→8.1は現在でも無料でアップグレードできるので、実質、すべての Microsoft Windows といっていいだろう。いまさら Windows XP を持って来られても困る。

 これはかなり危険な賭けだとボクは思う。Windows10 出来たてホヤホヤの段階で、OSのアップグレードなど、人柱に等しい。様々なバグが一挙に噴出するだろう。

 それでもマイクロソフトは移行を早く進めたいだろうから、自動更新などを使ってインストールされるかもしれない。ボクは Windows7 のままでいい。なるべく抵抗する。


 

 漫画家赤松健さんが始めた、「絶版マンガ図書館」がおもしろい。
2015-01-17 絶版マンガ図書館1
広告付きだが、無料で読み放題。タイトルも豊富。

 これは絶版となって読みたくても読めなくなったマンガを有効利用しようという試み。

 しくみは、
  1. 絶版となったマンガ原稿を、漫画家が赤松健さんに預ける。
  2. 赤松さんはマンガをWebに載せる。絶版なので版権は著者にあるので、著作権上も問題ない。
  3. Webに載せる際、広告も付ける。
  4. 漫画家は読者の声を聞くことも出来、さらに広告収入を得ることもできる。
  5. 絶版なので、既存の書店と競合しない。
  6. 読者は無料で貴重なマンガを読むことができる。
と、いいことづくめだ。

 読者は無料会員になる必要がある。それだけで、過去の作品が読み放題なのだから、こんなにうまい話はない。一度ハマると抜け出せない。

 ヒマ人おすすめである。ビジネスマンはこのサイトを利用すると、自分をダメにすること間違いなしだ(笑)。

絶版マンガ図書館
http://www.zeppan.com/


 

 自分好みにカスタマイズ可能、新コンセプトのスマートウォッチ「Blocks」開発に向け、Kickstarterは今年6月をめどに資金集めを開始する。
キャプチャ
モジュール組み合わせは自由自在。「Blocks」

 どんな風になるのか。動画があるのでご覧いただこう。
https://www.youtube.com/watch?v=m1dB4LzIVSU

 価格は、本体部分が約150ドル(約18,000円)、各モジュールが20〜40ドル(約2,400円〜4,800円)になり、200〜300ドル(約24,000円〜36,000円)ほどで様々なパッケージが用意される予定とのこと。

 今年末までに出荷を開始する予定。これが実現したら、大人気間違いなしだ。

「Blocks」公式サイト
http://www.chooseblocks.com/


 

 ヤマト運輸は「クロネコメール便」を今年3月末で廃止すると発表した。
キャプチャ2
「信書」をメール便で送ってはいけない。
信書を送っていいのは「日本郵便」だけだ。

 「信書」とは、手紙・請求書・納品書・領収書の類だ。紛らわしいのだが、カタログ・パンフレット・書籍は信書ではない。

 ほとんどの人は知らないと思うが、「信書」を送って良いのは「日本郵便」だけに与えられた特権なのである。なぜか法律で、そういう規制があるのだ。

 今回、ヤマト運輸は「お客様が容疑者になるリスクを放置できない。」とし、メール便のサービス廃止を決断したという。これに伴い、ヤマト運輸は、「宅急便」のサービス拡充を行うともしている。

 ボクに言わせると、こんな規制がある郵便法がおかしい。日本郵便の既得権益そのものだ。

 そして汚い日本郵便は、こんなサービスを始めた。
キャプチャ3

 34×25×3cm、1kg以下の荷物なら、日本全国164円で送ることが出来る。まんま「メール便」のパクリやんけ!
 
 こんなの使わんぞ。日本郵便(総務省)は汚いので、年賀状も来年からは出すの止めだ! 


 

 またもや Windows が Macintosh を追い越した。DELLは、4Kディスプレイ搭載15インチノートパソコンを発売した。
56
DELL New Inspiron 15 7000シリーズ プラチナ Graphic Pro

 特長は4Kディスプレイ(3840×2160)搭載15.6インチ搭載。これは MacBook Pro 15インチの Retina ディスプレイ(2880×1800)よりも高精細だ。2つのモデルを比較してみよう。

 赤字はより優れている項目。

DELL New Inspiron 15 7000 プラチナ MacBook Pro 15インチ Retina
CPU Core i7 Core i7
OS Windows 8.1 OS X Yosemite
メモリー 16GB 16GB
CPU Core i7 Core i7
ストレージ 1TB HDD 256GB SSD
ディスプレイ 3840×2160 2880×1800
無線LAN IEEE802.11ac IEEE802.11ac
Bluetooth 4.0 4.0
USBポート 3.0×2、2.0×1 3.0×2
SDカードスロット SDXC×1 SDXC×1
HDMIポート HDMI×1 HDMI×1
Thunderbolt なし Thunderbolt×2
スピーカー ステレオ ステレオ
マイク デュアル デュアル
Webカメラ 1Mp HD 720p HD
ジャック ヘッドセット×1 ヘッドホン/ヘットセット×1(オーディオライン出力(デジタル/アナログ)対応)
大きさ 幅338×奥行き262×高さ20mm 幅359×奥行き248×高さ18mm
重さ 2.06kg 2.02kg
バッテリー持続時間 9時間
価格 129,980円(税別) 194,800円(税別)

 DELLの方が画面が精細。MacBook Proの方が動作が速く拡張性が高い。DELLの方は、64,820円も安い。これは、MacBook Pro に Tunderbolt 端子が2つも付いているため、コストアップしたのだと思われる。

 ストレージに HDD が採用されているのは、コストダウンのためだろう。HDD のため、Macより処理速度は遅くなる。これは SSD に換装できるのだろうか。SSD にしたら無敵だと思うのだが。

 

 iTunesで音楽をお楽しみのあなた。実は、標準の設定では、いまお聴きの音質はAACで圧縮された、元の音とは違う劣化した音質かもしれない。

 以下の2つの設定を見なおしていただきたい。

1.サウンドプロパティ設定
23
通知領域のスピーカーアイコンを右クリック
→「サウンド」をクリック

24
 「スピーカー/ヘッドホンのプロパティ」をクリック
→「詳細」タブ をクリック
→ 「24ビット、192000Hz」を選択して「OK」

 

2.iTunesのエンコーディング設定
51
iTunesを開き、CDを挿入する。
自動インポートが始まってしまった場合は、
「インポートを中止」をクリックする。

52
改めて「インポート」をクリック。

キャプチャ3
インポート設定画面が開くので、
「Apple ロスレス・エンコーダ」を選択。
ついでにエラー訂正もチェックして、「OK」

 いかがだろうか。2つとも上記の設定にしなければ、CD本来の音は物理的に出てこない。たとえDACを繋ごうとも、特に「1.」の設定は、やっておかなければ意味が無い。

 こうして取り込んだデータは、いままでとこんなに違う。
(画像をクリックすると拡大します)
05
上が従来のデータ。下が今回の高音質データ。

 比較してみよう。上は従来の方法で取り込んだデータ。下が今回取り込んだデータだ。曲のビットレート(情報量)が8~10倍も多い。

 当然その分、サイズが増える。3曲目「Chase In Labyrinth」はAACエンコードだと4.4MBしかないが、Apple  ロスレス・オーディオにすると、なんと33.9MBも消費する。音が良い代わりに、7.7倍以上の保存容量が必要なのだ。

 しかし、1曲40MBと計算しても、たとえ5000曲コレクションがあったところで、200GBを超えない。いまのパソコンなら、余裕で入るだろう。クラウドにも余裕で置ける量だ。

 ちなみにボクは2500曲しか持っていない。いますぐすべての曲を高音質化したって、100GBぽっちだ。だから、これからはAACではなく、Apple ロスレス・オーディオ形式で記録しよう。

 蛇足だが、SONYのハイレゾは、1曲 221.2MB もある(尾崎豊の「卒業」)。仮にこれで2500曲を揃えようとしたら、540GBにもなってしまう。その分、さらに超高音質なわけだが。

   

 Googleは、iPhone・iPad から PC や Mac を操作可能なリモートデスクトップアプリ「Chrome Remote Desktop」を公開した。App Store で無料で手に入る。
50
iOS・Android からPC・Mac のデスクトップを操作できる。

 Android版はすでに公開済みだ。これで iPhone・iPad からでもパソコンを操作できるようになった。

 リモート操作をするためには、パソコン側・モバイル側両方にあらかじめアプリをインストールしておき、パソコン側でPINコードを設定しておく必要がある。

 もちろん Chrome アプリなので、どちらにも Google Chrome インストールは必須だが、ネットに繋がってさえいれは、Chrome を立ち上げっぱなしにしておく必要はない(なぜかモバイル側からリクエストすれば、繋がる)。

 慣れないアプリなので設定にちょっと戸惑ったが、ヘルプを読みながら何度も挑戦したらうまくいった。

 電車の中からでも自宅のパソコンの操作が可能だ。ただし、モバイル側の画面がちょっと狭いかもしれない(スクロールして表示される)。


 

 マジックバンドとは、要するに腕輪だ。こんなの。
キャプチャ4
マジックバンドはチケットや買い物に使える。

 どうやって使うのかというと、こんな感じ。
キャプチャ3
タッチセンサーになっていて、ディズニーランド内なら小銭などいらない。

 これは便利そうだ。なくす心配もないし、おしゃれだし。未来を先取りしている。

 日本のディズニーランドにも早く導入してほしいものだ。

 

 Jide Technology は Remix OS を搭載した薄型タブレット「Remix Ultra Tablet」をCES2015に出展した。
キャプチャ5
外観は Microsoft Surface にそっくりだ。
 
 
Remix OS とは、Android をベースに独自に改造したもの。だから、Android アプリはそのまま利用できる。見た目は Microsoft surface そっくりだが、もちろん Windows アプリは動かない。

  だが、こいつは性能が良い。画面は11.6インチながらもHD画質(1920×1080)。軽さ860g。価格は450ドルと、Microsoft の半額以下だ。

 CPUはTegra4でクロック数は1.8GHz、メモリー2GBにストレージ64GBを搭載、マイクロSDカードで128GBまでの拡張も可能。もちろんWiFi(IEEE801.11 a/b/g/n)やGPSも内蔵している。
キャプチャ6
Androidのタブレットなので、画面はこうなる。

 ちょっときもい? 慣れない画面だが、いかに有効利用するかだ。

 

 JiNSがセンサー搭載眼鏡をウェアラブルデバイスとしてCES2015に出展した。
キャプチ7
一見普通の眼鏡だが、センサーが内蔵されている。

 鼻あてに近い部分に、「眼電位」を取得するセンサーを内蔵。これで上下左右の眼球の動き、まばたきのスピード、まばたきの強さを感知する。

 3軸加速度センサーと3軸ジャイロで、歩数データほか傾きも取得。消費カロリーも計算可能。これらデータを Bloototh LE でスマホに送り、記録する。
キャプチャ8
形態は3種類

 バッテリー駆動時間16時間、発売は2015年春。対応アプリは順次開発するとのこと。

JINS MEME 公式サイト
https://www.jins-jp.com/jinsmeme/


 

 2015年は格安SIM元年だ。そこで各社のサービスをまとめてみた。
02_400x187
各社から出揃った格安SIM。最安はどこ!?


月1000円前後の人気格安データ通信サービス
(すべて税込)

  OCN
モバイル ONE 70MB/日コース
BIGLOBE
LTE・3G エントリープラン
ワイヤレスゲート
Wi-Fi+LTE SIM
(ヨドバシ)
IIJmio
ミニマムスタートプラン
BIC SIM
ミニマムスタートプラン
480円
プラン
920円
プラン
通信網 Xi/FOMA
高速通信
通信量
1日70MB 月2GB 無し 月1GB 月2GB 月2GB
制限時の
通信速度
200kbps 200kbps 250kbps 250kbps 200kbps 200kbps
月額料金 972円 972円 480円 920円 972円 972円
初期費用 3240円 3240円 3240円 3240円 3240円 3240円
SIMサイズ 標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
制限解除
オプション
540円
/1日
(当日中)
324円
/100MB
540円
/200MB
540円
/200MB
216円
/100MB
216円
/100MB
SMS
オプション

(129円)

(129円)

(150円)

(150円)

(151円)

(151円)
公衆Wi-Fi 1月から ×
最低利用期間 なし なし なし なし 2ヵ月 2ヵ月


  楽天ブロードバンド データSIM エントリープラスプラン U-
mobile
データ専用 1GBプラン
DMM
mobile
データSIMプラン 1GB
ニフティ
NifMo
2GBプラン
DTI Servers
Man SIM LTE
freetel mobile ネットし放題プラン 2GB
通信網 Xi/FOMA
高速通信
通信量
月2.1GB 月1GB 月1GB 月2GB 無し 月2GB
制限時の
通信速度
300kbps 128kbps 200kbps 200kbps 250kbps 128kbps
月額料金 972円 853円 712円 972円 504円 950円
初期費用 0円※1 3240円 3240円 3240円 3240円 3240円
SIMサイズ 標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
制限解除
オプション
432円
/24時間
324円
/100MB
540円
/500MB
864円
/1GB
216円
/100MB
664円
/500MB※2
1188円
/1GB※2
972円
/500MB
270円
/100MB
なし
SMS
オプション

(151円)

(162円)

(162円)

(270円)

(154円)

(162円)
公衆Wi-Fi × × × × ×
最低利用期間 1ヵ月 なし 1ヵ月 なし なし なし


  BB.
excite
モバイルLTE 2GB(SIM1枚)
So-net PLAY SIM ELECOM SkyLink Mobile デイリーコース UQ mobile データ高速プラン mineo
シングルタイプ 1GB
プラン
80M/
day
プラン
2G/
month
通信網 Xi/FOMA au 4G LTE
高速通信
通信量
月2GB 1日80MB 月2GB 1日70MB 月2GB 月2GB
制限時の
通信速度
200kbps 200kbps 200kbps 100kbps 200kbps 200kbps
月額料金 939円 950円 950円 1058円 1058円 1058円
初期費用 3240円 3240円 3240円 3240円 3240円 3240円
SIMサイズ 標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
microSIM microSIM
nanoSIM
制限解除
オプション
270円
/100MB
なし 540円
/100MB
2268円
/500MB
4104円
/1GB
なし なし 162円
/100MB
SMS
オプション

(151円)
× ×
(130円)

(標準)

(標準)
公衆Wi-Fi × × × × × ×
最低利用期間 2ヵ月 なし なし なし なし 1年


月1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
(すべて税込)

  OCN モバイル ONE IIJmio
ライトスタートプラン
BIC SIM
ライトスタートプラン
BIGLOBE
LTE・3G ライトSプラン
100MB/日コース 2GB/月コース 4GB/月コース
通信網 Xi/FOMA
高速通信
通信量
1日
100MB
月2GB 月4GB 月4GB 月4GB 月5GB
制限時の
通信速度
200kbps 200kbps 200kbps 200kbps
月額料金 1490円 1188円 1566円 1641.6円 1641.6円 1625円
初期費用 3240円 3240円 3240円 3240円
SIMサイズ 標準、microSIM、nanoSIM 標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
制限解除
オプション
540円
/1日
(当日中)
540円/500MB 216円/100MB 216円/100MB 324円/100MB
SMS
オプション
○(129円)
(151円)

(151円)

(129円)
公衆Wi-Fi 1月~ ×
最低利用期間 なし 2ヵ月 2ヵ月 なし


  b-mobile SIM 楽天ブロードバンド データSIM ライトプラスプラン U-mobile
データ専用
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン
高速定額 ライトプラン LTE使い放題 3GB
通信網 Xi/FOMA
高速通信
通信量
無制限 月3GB 月5GB 無制限 月3GB 無制限
/3Mbps
制限時の
通信速度
200kbps 300kbps 128kbps
月額料金 2138円 1274円 1811円 2678円 1598円 2980円
初期費用 3240円 0円※1 3240円 3240円
SIMサイズ 標準、microSIM
nanoSIM
標準
microSIM
nanoSIM
標準、microSIM
nanoSIM
microSIM
nanoSIM
制限解除
オプション
324円
/100MB
1296円
/500MB
432円
/24時間
324円
/100MB
540円
/500MB
864円
/1GB
SMS
オプション
×
(151円)

(162円)

(162円)
公衆Wi-Fi × × × ×
最低利用期間 なし 1ヵ月 なし なし

※1:1月29日までのキャンペーン価格
※2:3月末までのキャンペーン価格


 

 久々に胸踊らされるかっこいいノートパソコンが、DELLから発売された。
2015-01-14 Dell XPS13 Graphic Pro
DELL New XPS 13 Graphic PRO

 特徴は、13.3インチながらもフルHD(1980×1080)で、しかも本体が世界最小。ディスプレイ枠が非常に細いのでスマートだ。

 その名が示す通り、グラフィックを扱うプロ用途に十分な性能を備える。
MacBook Pro の Retina ディスプレイよりも画素は細かい。
  • CPU……………………i5-5200U または i7-5500U
  • メモリー………………8GB
  • SSD……………………256GB
  • ディスプレイ…………13.3" フルHD(1920×1080)
  • OS……………………Windows 8.1 / 64bit 
  • インターフェース……USB3.0×2、mini Display ×1、SD・SDHC・SDXCカードリーダー×1
  • 無線LAN………………IEEE 802.11ac
  • 付属アプリケーション……Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13、マカフィー リブセーフ (12ケ月間更新サービス)
  • 大きさ…………………幅304×奥行き200×高さ15mm
  • 重量……………………1.18kg
 Photoshop Elements と Premiere Elements 付属なのは嬉しい。写真編集にはうってつけだ。Microsoft Office はオプションで付けることができる。

 価格は i5 が 119,980円。i7 が 139,980円。
ただし、1月19日まで、DELLネットストアから買うと、5,000円引きとなる。買うなら急げ!

 DELL製品ページ
http://www.dell.com/jp/p/xps-13-9343-laptop/pd
0120-912-146

 

 映画1本数秒。ケーブルも何もなし。ただSSDをパソコンに置くだけで、パソコンにデータががぶがぶ吸い上げられていきます!!
キャプチャ2
こんなにちっちゃい無線ポート「Kiss」

 Keyssa社が開発した「Kiss」。これをポータブルSSDのウラに貼るだけで、無線がビンビン飛んで、パソコンと6Gbpsの通信ができるすぐれもの。

 おまけに給電もできちゃう。だから、Bluetoothのようにデバイス側に電池がいらない。USB3.0が無線になったようなものかな。

 タネと仕掛けはよくわかりませんでした。このコネクタを搭載した製品が店頭に現れるのは今年下半期になる見込みとのことです。

 ぜひご覧ください。動画はこちら
http://www.gizmodo.jp/2015/01/post_16324.html


 

 知り合いの男性にフェイスブックの閲覧をブロックされた仕返しに、男性宅に侵入したとして46歳の男が逮捕された。
キャプチャ
玄関前に汚物を十数回置いた疑いで逮捕。

 住居侵入の疑いで逮捕されたのは、横浜市青葉区に住むアルバイト・高輪信幸容疑者(46)で、先月14日早朝、近くに住む男性会社員(46)の自宅の敷地内に無断で侵入した疑いが持たれている。

 警察によると、2人は中学の同級生で、2年前にフェイスブックを通じて交友が再開したが、高輪容疑者が意味不明な書き込みをしたことから、フェイスブックを閲覧できないよう、男性がブロックしたとのこと。

 男性の自宅では玄関前に汚物が置かれるなどの嫌がらせが十数回あった。警察は高輪容疑者の犯行とみて調べている。

 

 Gmail を使っているなら、Inbox by Gmail を試してみては?
20
Inbox by Gmail の画面。「Snoozed(あとで)」が大変便利。

 Gmail を使っているなら、毎日メール処理に格闘しているだろう。それなら、Inbox by Gmail がおすすめだ。

 「処理したメール」にはチェックマーク(Done)を付ける。すると、メールはアーカイブ(保存)される。アーカイブされたメールは、いつでも検索すれば見ることができる。

 「ちょっといまは処理できない」とか「処理するのに時間がかかる。あとでやりたい」ときには、Snoozedをクリックする。すると、あとで(夕方、明日、1週間後を選択可能)もう一度出てくる。そしたらその時やってもいいし、更に先延ばししてもよい。

 この「あとで」機能があることによって、タスクは整理されるのである。自分で考えてタスク管理をしなくても良い。

 Chromeウェブストアから無料で手に入る、Chromeアプリケーションだ。「inbox」で検索すると出てくる。おすすめする。
イイネ!(投票する)

 

このページのトップヘ