マイクロソフトから、Office Chrome OS版が正式リリースされた。これで、Microsoft Officeは Windows/Mac OS X/Crome OS と、どのOS上でも動く事になった。

つまり、Officeをやるだけの多くのユーザーは、もうどのパソコンを選んでも良いわけである。

と同時に、Google Driveの重要性が増し、iCloudの地位が落ちた。

実際、ボクはMacを使っているが、いままで文章は「テキストエディット」で編集して「iCloud」に保存していたのだが、「Googleドキュメント」で編集して「Google Drive」に保存する方法へいつの間にか移行してしまった。 なぜなら、前者ではMacでしか編集できないのに対し、後者だとWindowsでも同じように編集可能だからだ。

OS X標準の「Safari」ももはや使っていない。「Chrome」の方が読み込みが明らかに速い。

「Pages」「Numbers」は無料化されたが、Macでしか使えないという弱点はどうしようもなく、優れたデザインの割には、使い所が全くない。

これからのユーザーは、2種に分かれるだろう。
  1. Microsoft Officeを使い、OneDriveで保存する。
  2. Googleドキュメントを使い、Google Driveで保存する。 
どちらも、Windows/Mac OS X/Chrome OSすべてで実行可能だ。2.が無料なので、ボクは2.をお勧めする。 

 ----

ちなみにOS XとGoogle OSのアプリの差はこうだ。
メール……GMailの方が使いやすい。
ブラウザ……Chromeの方が速い。
カレンダー……Googleでも問題ない。
連絡帳……Googleでも一緒。
マップ……Googleの方が細かい。
電卓……Macの方がかっこいいが、別にGoogleアプリでも結果は一緒。
リマインダー……iPhoneと連動しているので、Macの方が便利。(でもandroidでも連動するんじゃないか? 知らんけど。)
メモ帳 ……iPhoneと連動しているので、Macの方が便利。(でもandroidでも連動するんじゃないか? 知らんけど。)

こんなところか。androidの方が値段が約半額なので、コスパを重視するなら、Googleを選ぶべきだろう。 Appleを選んでいるボクみたいな人は、やっぱりApple信者だ。お布施を払っているに過ぎない。



  



イイネ!(投票する)