子どもの誤飲事故は毎年多発しており、重症化するケースがあります。今回は、誤飲事故として増加傾向にある、医薬品、ボタン電池、パック型液体洗剤の事例を取り上げて、実験映像を交えながら、誤飲事故の防止のポイントをご紹介します。
34
誤飲事故防止ビデオへ(音が出ます)

何かあったら、無理に吐かせず、すぐに119番をして指示を仰ぎましょう。日頃から子供の手の届かないところに、お薬、ボタン電池、パック型洗剤を置くことが大切です。



  



イイネ!(投票する)