PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

カテゴリ: アプリケーション

Ridge Racer 4 のOP、かっこいいよね。
40
Ridge Racer 4

アーケード版だとこんなにかっこいいの? よく知らないけど。ぜひ全画面で観よう。画質も最高だ。
Ridge Racer 4
https://www.youtube.com/watch?v=MOrliq8cvSo

あと、Play Station 2 だと思うけど、Gradius V のOPも感動した。これはゲームのストーリーも面白くて、最後まで見てしまいました。大画面ほど迫力あるよ! ヘッドホンで聴くこと! (グラディウスって、いつから3Dになったの!?)
Gradius V
https://www.youtube.com/watch?v=E-hqnCzll50


他にもかっこいいゲームあったら教えてねっ!


  



イイネ!(投票する)

livedoor Blogが、5月から完全無料化される。
2015-04-23 libedoorブログ
これまでの有料プランはすべて廃止

主な機能
  • PC版記事下広告の非表示

  • ヘッダー/サイドバーのlivedoorロゴ非表示

  • 独自ドメイン設定

  • ブログデータ容量(無制限)

  • スマートフォン版のユーザー独自の広告の掲載可能本数(3本)

  • Amazon・楽天アフィリエイトID自動設定

  • 記事のエクスポート機能

  • EPUB書き出し機能(電子書籍作成)


5月1日以降の分の料金を先払いしちゃった人は、ちゃんと返金されるのでご安心を。


 

 μ'sが毎朝起こしてくれます。
キャプチャ2
ラブライブ! モーニングコール2

 毎朝変なアラーム音で起きているiPhoneの人、お気の毒様。こちらはAndroidのみのアプリとなります。「ラブライブ! モーニングコール2」(360円)では、毎朝μ'sメンバーから電話がかかってきます。

 アラームボイスは、メンバー9人分×「妹Ver」と「幼なじみVer」の計18種類。これらを、指定の曜日・時間に設定できます。
キャプチャ3
モーニングコールを取ると、たっぷりとおしゃべり。

 おまけに壁紙が付きます。このアプリのためにAndroidを1台買っても良いくらいですね。
Google Play からダウンロードできます。(360円)

 

4
 Microsoft Office が、正式に iPad / iPhone / Windows Phone / Android に対応した。無料である。

55
iPad / iPhone / Windows Phone / Android 用 Office

 従来は iPad での編集は限定的な物だったが、今回正式に対応した。ただし、Androidのみ2015年対応になるとのこと。

 Office アプリ利用に当たって、費用は必要ない。Microsoftに登録するだけで無料で使える。これまでのような Office 365 サブスクリプションも必要ない。

 Word, Excel, PowerPoint が利用可能。App Store からダウンロードできる。

 また、 データをクラウドストレージ「OneDrive」に格納する事も可能。現時点では無料で15GB与えられるが、Dropboxと提携したので、今後容量は増える可能性が高い。




   

5
 Microsoft Officeは高いので、無料でなんとかできないかな、と考えている読者も多いだろう。
 選択肢はいろいろあるが、ボクが思うに、OpenOfficeが一番だという結論に達した。

15
Apache OpenOffice のダウンロードサイト(ミラーサイト)


 無料Officeの選択肢は、おもに3つある。
1.Microsoft Office Online
2.Google スプレッドシート
3.OpenOffice系

 1.は以前紹介したが、オンラインソフトであるため、レスポンスが非常に悪い。結局嫌になって、Office365などを買うはめになる。また、それがMicrosoftの狙いでもある。

 2.はそこそこ使える。オンラインソフトにも関わらず、レスポンスが良い。使っていて気持ちいい。いちいち保存しなくてもGoogleドライブ上にデータが残るので、便利である。しかし、Googleドライブの挙動が今ひとつ怪しい。会社で編集したはずのデータが、家に帰るとなかったりする。ビジネスで使うにはやや危険だ。

 3.は、数年前まではバグだらけで使い物にならなかったが、バージョン3を過ぎた辺りから急速にパフォーマンスが良くなった。Windows / Macintosh / Linux どれでも共通して使える事も魅力だ。オンラインアプリではないため、従来通りで慣れ親しみやすい。

 OpenOfficeといっても、現在ではおもに2つの流派に別れ、「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」がそれぞれ進化している。これらは元をたどれば、同じソフトである。

 どちらを使うかは趣味の問題だといって良い。どちらも無料で、同じような機能だからである。ただ、ボクは昔からのOpenOffice使いなので、Apacheの方を好んで使っているに過ぎない。

 Apache OpenOffice の日本語公式ページは残念な事に、ダウンロードする際、英語の広告がやたらと出てくるため、非常にわかりにくい。そこで、ボクがミラーサイトを作っておいた。広告が出ないので、こちらからダウンロードすると良い。オープンソースなので、もちろん無料で誰でも使える。

 Apache OpenOffice は、ボクも愛用しているので、できるかぎりみなさんにサポートしようと思う。質問など、気軽に送ってほしい。LibreOffice は使っていないので、申し訳ないがお答えできない。

ご質問の宛先は hi@poc.jp まで。


 

5
 前回に引き続き、無料で使えるMSオフィス「Microsoft Office Online」についてまとめてみたので、紹介しよう。

55

実は、入門サイトを作りました。

 もうもろもろ面倒なので、今回はAdobe Museにて、入門サイトを作ってしまいました。というわけで、上の画像リンクをクリックして、Microsoft Office Onlineに触れてほしい。

 それにしてもAdobe Museすごい。何もHTMLとか知らなくても、これだけのサイトが1日でできちゃう。興味を持ったあなた、Adobe Muse同盟を組みませんか? まだ入門書もないので、情報交換とかしましょう。お問い合わせはhi@poc.jpまで。つか、Adobe Museの入門書をAdobe Museで作ってみようかな。

 

このページのトップヘ