PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

カテゴリ: Macintosh

久しぶりの新規投稿です。
忙しくてブログどころではありませんでした。すいません。

Windows10が、2016年7月30日からついに有料になります。とはいえ、私のVAIOは対応ビデオドライバーが無いので、アプデ不可能です。このままWindows7を使い続けるでしょうね。

Macですが、iPadアプリが急激に充実してきました。lPad Pro でお絵描きが素晴らしくできるようになったのも一因でしょう。個人的には、DAWアプリの充実っぷりに注目しています。明日にでもCubaseを買ってみます。

iPhone6sの「ぎゅー」って押す機能、使い所ないと思っていました。ところがどっこい。フリック入力時に文字盤を「ぎゅー」って押すんですよ。すると、カーソルを自在に動かすことができるんです! これはぜひ知っておきたいですね!
2016-05-07 ぎゅー

親指の操作(ギュー!)で文字の選択ができます(iPhone 6s / 6s Plus のみ)

 


  



イイネ!(投票する)続きを読む

Macintoshで採用されているThnderbolt 2インターフェースがThnderbolt 3にバージョンアップされる。
32
コネクタがUSB Type-Cと同じになる。

主なインターフェースの速度は次の通り。
  • USB2.0……480Mbps
  • USB3.0……5Gbps
  • USB3.1……10Gbps
  • Thunderbolt 1……10Gbps
  • Thunderbolt 2……20Gbps 
  • Thunderbolt 3……40Gbps 
USB3.1の登場でThunderboltは要らなくなるかと思っていたが、ここまで速くなると、MacProなどでは今後も採用されるだろう。ケーブルが細くなるので、取り回しも改善される。また、MacBook Proなどでは、インターフェースがThnderbolt 3のみ、という機種も登場するかもしれない。



  

MacBookはUSB-Cが1ポートしかないからダメだって!?
2015-05-27-22 MacBook Hub
ないのなら足せばいい。

言わずと知れたクラウドファウンディング「Kickstarter.com」が、MacBook用のUSB HUBを作った。

USB-A×3(電源供給機能付き)
USB-C×2(電源供給機能付き)
SDXCカードスロット×1
Mini Display ×1
リチウムイオンバッテリー内蔵。 
どうだ。これだけ付いてこのiPhoneより小さいこのサイズなら文句ないだろう。

3万5千ドルの応募に対しすでに44万ドルもの応募が集まっている。発売決定だ。現在、1個79ドルで買うことができる。 HDMIアダプターがおまけに付くのは売り切れてしまった。

Hub+ for USB-C



  

VMware Fusion の簡単インストールを使ってMacintoshにWindows7をインストールすると、仮想マシンの容量としてSSDから60GBも消費されてしまいます。MacBook Airなどでそんなに占有されるのは困る場合があります。


そこで、SSD消費容量を20GBにおさえつつ、簡単インストールを使わずにWindows7をインストールする方法を紹介します。
2015-04-24 Fusion7
Fusion7でメモリ消費を抑える方法

USBにDVDドライブを接続し、Windows7のDVDを入れておく。


VMware Fusion7を起動する。


ファイル→新規→ディスクまたはイメージからインストール→続ける→新しい仮想ディスクを作成→続ける→Windows7のディスクを選択→続ける→「簡易インストールを使用」のチェックを外す→続ける→保存


ハードディスク(SCSI)→詳細オプション→ハードディスクを削除→ゴミ箱に入れる


デバイスを追加→新規ハードディスク→追加→ディスクサイズを任意の値に(20GB以上推奨)→適用→すべてを表示

※仮想マシンの容量は後から増やすことができますが、減らすことはできません。


CD/DVD→「CD/DVDドライブを選択チェックボックス」をチェックする→すべてを表示


起動ディスク→再起動


Windowsインストールが始まります。画面の指示に従ってインストール作業を完了させて下さい。 


インストールが終わったら、「仮想マシン」メニューから「VMware Tools」をインストールして下さい。これをしないと、異なるマシン間でファイルをドラッグ&ドロップできません。


以上で完了です。
難しいのは最初の一度だけです。慣れれば簡単にできるようになりますよ。

VMware STORE
VMware Fusion 7



 

新MacBookから様々なポートが消えて嘆いてるあなた。そんなあなたに最高の品がこちら。
 2015-04-24 MacPort
ポートがなければ増やせばいい。「HydraDock」

USB-C対応の多ポート拡張拡張アダプタ「HydraDock」。こいつを新MacBookのUSB-Cポートに差しこむだけで「3.5mmヘッドホンジャック・ギガビットイーサネットポート・SDXCカードスロット・Mini DisplayPort ・HDMI・USB 3.0ポート4・USB-Cポート×2 」が手に入るわけです。やったね! まさに新MacBookがデスクトップ並みの拡張性を手に入れられるってわけです。


HydraDockは現在Kickstarterで資金を募集中。外出するときはスマートに新MacBookだけで、家ではこのアダプタにつなぐってやり方は意外と現実的だと思うんです。


 

Microsoftは「Office for Mac 2016」のパブリックプレビュー版を公開した。

同製品は「Office for Mac 2011」がリリースされて以来5年ぶりの刷新となる。Microsoftは既に、Mac向けの「OneNote」と「Outlook」を限定プレビューとして提供してきた。これら2つのアプリケーションのプレビュー版もアップデートされ、このたび公開された「Word 2016」「Excel 2016」「PowerPoint 2016」の初のパブリックプレビュー版とともにリリースされている。

これらは「Mac OS 10.10」(Yosemite)を使用するすべてのユーザーを対象にしている。Office for Mac 2016のプレビュー版は、MicrosoftのOffice.comのプレビューサイトからダウンロードできる。Office for Mac 2011とともに使用可能だ。

「Office」製品マーケティング担当ディレクターを務めるEric Wilfrid氏によると、新版は「Mac OS X」向けに構築されたスイートとしての雰囲気を損なうことなく、外観と使用性を「Office for Windows」に近づけることを目指しているという。今回アップデートされたMac向けスイートには新たにデザインされた「Ribbon」が含まれ、Office for WindowsのRibbonと同じように書式設定やコントロールができるようになっている。

Mac版は、Retinaディスプレイを完全にサポートし、また、「クラウド接続」できるように構築されているため、「OneDrive」「OneDrive for Business」「SharePoint」「Office 365」とスムーズに連携する。Office for Macにサインインすれば、自分が所有するすべてのOffice搭載端末からファイルにアクセスできるため、「Office for Android」で作成を開始したドキュメントに、Office for Mac 2016からアクセスし、「Office for iPad」で仕上げるといった作業を、常に最新版のドキュメントにアクセスしながら行える。

新しいMac向けWord 2016には、コメントをスレッド形式で表示する機能が追加されている。Excelでは、Office for Windowsと同じキーボードショートカットがサポートされている。Mac向けPowerPoint 2016では、「iOS」向けPowerPointで提供されているのと同じプレゼンタービューが追加されている。

 

本日午前2時、Appleは新製品を発表した。もちろんメインはApple Watchなのだが、それはちょっと置いておいて……
2015-03-10 MacBook
MacBook12" Retina が期待以上だ!!

これまでのMacBook Airのマイナーアップデートではない。根本から構造が異なる。

まず、ディスプレイがRetina化された(2304×1440)。キーボードも構造が一新。パンタグラフ式からバタフライ式へと、薄くなった。タッチパッドも薄くするため、クリック感はなくなった。代わりに、クリック圧力の強さで、クリックorプレスを判別するという、世界一賢いトラックパッドになった。もちろん、従来のジェスチャー機能はそっくりそのまま使える。

本体にCPUファンはない。最新のCore Mを採用したため、ファンが必要なくなった。その分薄く軽くなり、しかもバッテリーを満載している。

インターフェースはなんとUSB3.1ひとつ。電源もそこから供給される。別売りアダプターを付ければ、ひとつのUSB3.1ポートで、ディスプレイ、USB3.1(5Gbps)、電源などが同時に使える。

色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色が初めて用意された。iPhoneみたいだ。中でもゴールドの筐体のパソコンは、今まで見たことがない。ボクは密かにこれを期待していた。Appleはやった! これは買いだ!! 発売が待たれる。

  MacBook 12"
解像度 2304×1440 (Retina)
CPU Core M 1.1GHzデュアルコア Max2.4GHz Core M 1.2GHzデュアルコア Max2.6GHz
  4MB L3キャッシュ
グラフィック Intel HD Graphics 5300
メモリー 8GB
SSD 256GB 512GB
USB 3.1×1
オーディオ ステレオスピーカー / デュアルマイクロフォン
ヘッドホン端子 ヘッドフォン / 光デジタルオーディオ出力(ミニジャック)
Apple iPhoneリモート&マイク付きヘッドセットに対応
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
FaceTimeカメラ
駆動時間 9時間
重量 0.92kg
値段(税別) 148,800円 184,800円

apple
http://www.apple.com/jp/mac/


 

『ControlAir』があればカメラとジェスチャーで、Macをコントロールできる。

2015-02-26 ControlAir
Macに触らずにジェスチャーだけで操作(動画)

Macを操作している時、キーボードやマウスに触るのが嫌な場合もあるでしょう(たとえばスナック菓子を食べている時など)。『ControlAir』はMacのウェブカムの画面内で指を動かすだけでコントロールできるアプリです。

ControlAirはiTunes、Rdio、Netflix、Quicktime、VLC、そしてVox などとともに機能します。使い方は簡単で、指を上げて左か右へ動かして「ボリューム」ボタン、「再生/一時停止」ボタン、または曲を「戻る/次」 ボタンを選択します。使いたいボタンの上で「エア・クリック」すれば選択できます。ちょっと不思議な感じですが、少し使ってみるのも面白そうです。とにかく、カメラから5フィートぐらいまでの距離にいれば、驚くほどちゃんと機能します。

 

WindowsではISOイメージをマウントする際、DaemonToolsなどのアプリを使いますが、Macではアプリが見つからないという方、多いんじゃないでしょうか。

それもそのはず。MacではISOイメージをダブルクリックするだけでマウントが完了します。

その後ディスクに焼きたい場合は、メディアユーティリティーを使って焼きます。簡単でしょ? 

Macって、本当に良いですよね。 

 

Yosemiteインストールの時、プログレスバーが残り1分で止まってしまう。なぜか。
 IMG_0930
残り1分で止まってしまう

調べたところ、この時、OS Xはエラーログを内部に出力しているのだ。だから時間がかかる人も出てくる。

しかし、その時間が尋常では無い。アップルサポートによると、インストール完了まで15時間ほど掛かる人もいるとのこと。

だから待とう。少なくとも、Yosemiteアップグレードプログラムにエラーはない。ただ画面の表示が信用出来ないだけだ。

Yosemiteは口コミがあまり良くない。、後日、検証してみようと思う。 

 

Macにはウイルス対策ソフトを入れない人が多い。これはMacはハッカーに狙われにくいと言われていたせいだが、決してそんなことはい。
キャプチャ3
Macにもウイルス対策ソフトはある。

ボクはこの2ヶ月で2回、Macでウイルスに感染した。ひとつはクリックができなくなるウイルス。もう一つは、アプリが無限に起動するウイルス。特に一つ目のクリックができなくなるというのは、Macに取って致命的だ。Apple Care+に出して、修理してもらった。

もちろん現在はリストアして、Nortonを買った。ウイルス対策ソフトはなんでも好きなのを買えはいい。必ず入れておこう。

ウイルス対策ソフトを入れておくと、トラブルが起きた時にOSのトラブルかウイルスの被害かの切り分けができる。とにかくトラブルが減るから、対策ソフトは入れておくに越したことはないのだ。

 

 外出の機会があったので、カバンも持たず、MacBook Air 11'' だけ小脇に抱えて出かけてみた。
main2
画像はイメージです。

電車の中。 
 座れたので、膝の上で MacBook Air 11'' を開いてブログを書いてみた。最初はトラックパッドの操作に戸惑ったが、5分で慣れた。

 だが、膝の上に乗せると、キーボードが奥へ行くほど下へ沈む。つまり、ふとももが滑り台のようになって、落っこちそうになるのだ。また、画面も目から遠いので、もともと小さい MacBook Air 11'' の画面は見にくい。

 滑り台現象を解決している人がいた。座りながら、爪先立ちしているのだ。膝(ひざ)の位置が高くなるので、滑り落ちることはない。だが、爪先立ちはちょっとつらい。

病院の中。
 待合室で時間があったのでパソコンを開いた。ダウンジャケットを脱いで膝の上に乗せ、その上に MacBook Air 11'' を乗せてみた。これなら滑り台にはならないだろう。と思いきや、ジャケットはふかふかなので、あまり効果がない。やはり座りながら膝を上げる無理な姿勢が一番良い。つらいけど。

会社の中。
 机があるので、いつも通り安定して使える。マウスがないのは全く問題にならない。MacBook Air のタッチパッドの操作性は素晴らしすぎる。

ふと気付いたこと。
 机がない状況下で、安定してパソコンを用いて仕事をこなすには、パソコン本体をまず手で支えなくてはならない。膝ではダメだ。よって、パソコンよりタブレット端末の方が、扱いやすいはずだ。
 
 しかし、現状のタブレット端末は、どういう態勢で操作されることを想定しているのか、よくわからない。

 僕が思うに、ファミコンのコントローラーのちょっと大きい版に液晶画面をつけた形が、最も安定しているように思える。見たことあるぞ。そうだ、PSP / PSVITA のようなあの形である! 
psp-vita
こんな形なら、立ちながらでも仕事ができる。
 
 ぜひメーカーには PSP形の7インチ版 Windows パソコンを作って欲しい。

 こうなったら僕が自作して持ち込んでみたいが、液晶画面部分をどうしようか悩んでいるところだ。パソコン本体部分は売っているが、画面は売っていないのだ(10インチくらいならある)。

 

3
 現行のMacBookに搭載されているSSDの速さは業界No.1で、これ以上ないってほど速い素晴らしいものが入っている。だから高いのだが、じゃあ容量は最低どのくらい必要なのか。 

11
デュアルブートにしなければ、128GB(左)で大丈夫

 選び方は意外と簡単だ。Mac OSしか使わない&オフィスソフトだけしか使わないのであれば、128GBモデルで十分だ。

 デュアルブートにしたければ、迷わず256GBを選ぼう。

 512GBカスタマイズは、パワーユーザー向けだ。パワーユーザーなら、どのくらいの容量が必要か自分でわかるだろう。

 動画を編集したいとか、プロユーザーは MacBook Aiir ではなく、MacBook Pro を自ずと選択するだろう。



 

4
 Marverick, Yosemite とだんだんとアップデートを繰り返すMac OS X。アップグレードすると確かに魅力的な機能が追加されたり、デザインが一新されたりと面白いのだが、仕事で使うMacは、できるだけアップグレードをしないほうがいい。

39
YosemiteでもWindowsはパワフルに動くが……

 OS X をVer.10.10.1にした代償に、VMware Fusion5 が使えなくなった。つまり、Yosemiteにしたらそれまで使っていたWindows7環境がすべて使用不可になったのである。もうMarverickには戻せない(戻せたらいいんだけどねー)。

 対応策は2つにひとつ。Fusion5 を Fusion7 へアップデートするか、Parallels Desktop 10 へ乗り換えるかである。

 Fusionの方が構造が単純なため安いが、日本語での対応がFusion5で打ち切りになった。Fusion7は英語版の画面になる。

 まあ、英語でも「File」「Edit」とかしかメニューに出てこないから、差し支えはないだろうが、僕は Paralllelsに興味を持った。なんとなく。

 アップデート作業はなかなかうまくいかない。いちいち電話サポートを呼び出すのも面倒なので色々試行錯誤が待っている。

 まとめると、OSのアップグレードのデメリットは
  • Macが新環境になるので社員の再教育が必要。
  • アプリケーションソフトが非対応になる場合、新たな出費がかさむ。
  • 古いアプリケーションソフトが動かなくなる危険がある。
  • アップグレード作業は時間もかかる。
  • アップグレード作業の間は業務できない。

 メリットは
  • 経験値が増す。
  • 最新の機能が使える。
  • 何より面白い。
 仕事で使うパソコンは、必然に迫られるまで、OS変更など絶対にしてはならないのだ(訳:趣味でやる分にはどんどんやれ!)。



 

2
 このたびアップデートされた「OS X Yosemite」で、Wi-Fi 接続に問題が生じる可能性がある事がわかった。

2014-10-31 yosemite
新しいOSにはいつもバグがつきものですね。

 問題は MacRumorsのフォーラムや Appleのサポートコミュニティなどで多数報告されており、「OS X Yosemite」にアップグレードした後にWi-Fiの接続が断続的に切れたり、速度が非常に遅くなったりする問題が報告されています。


 問題は様々な環境下の幅広いユーザーから報告されている事から、「OS X Yosemite」側に問題があるとみられており、様々な修正方法が試されているものの全てのユーザーに効果的な修正方法は見つかっておらず、「OS X」のアップデートを待つしかないようです。

 ちなみにボクは、OSが新しくなったときはいつも1ヶ月は様子を見て、アップデートしません。人柱になりたくなければ、新しいOSに飛びつくのは控えた方が良いとボクは思います。




   

4
 20歳以下のパソコン利用率が下がっているのをご存知だろうか。信じられないことだが、近年、若者の半数近くはパソコンのキーボード入力ができない(遅い)のである。

2014-10-21 surfacePro3
たぶんこいつのせい(笑)!?

 冗談抜きで、若者は、パソコンのキーボード入力よりも、スマートフォンのフリック入力の方が入力速度が速い。レポートを書くにも、タブレット端末を使うという。

 正直、それはボクには信じ難い。現在のタブレット端末に、レポートを完成させるほどの品質の高いアプリが存在するかというと、答は「NO」だと思うからだ。

 しかし、噂では、「プリンターさえWi-Fiに対応していれば、すぐにでもタブレットによるレポート提出に移行できる。」そうだ。要するに、それほどまでに今の若者にとって、フリック入力は魅力的なのだ。

 また、タブレットは、パソコンのように机を必要としない。いつでもどこでもその気になれば入力・編集が可能である。
 
 ボクが思うに、タブレットによるテキストの編集作業は、まだ無理があるのではないか。第一に、操作が細かい。マウスでビューっとやる方が簡単である。

 こんなに便利なパソコンを捨ててまで、若者はタブレットへと進化してゆくのだろうか? 鍵はアプリが握っている。



 

5
 お手持ちのノートパソコン、もっとSSDの容量があったらいいのに……。そんな願いを叶えてくれるメモリーがバッファローから発売された。

2014-08-21 USBメモリ1

BUFFALO USB3.0対応 マイクロUSBメモリー 64GB

このメモリーの特長は、なんといっても小さい。通常のUSBメモリーとは違い、ノートパソコンに付けっぱなしで使用できるように設計されている。



2014-08-21 USBメモリ2


2014-08-21 USBメモリ3


 ボクの MacBook Air はSSDが128GBしか積まれていないのだが、これを使う事によって、192GBの容量となった。

 128GBだと、デュアルブート環境にするとギリギリの容量になってしまうのだが、このメモリーのおかげで余裕が生まれた。改造をせずにSSDの増設ができるので、非常に便利だ。USB3.0なのでスピードは十分である。

 差し込むだけで外部ドライブとして認識してくれる。付けっぱなしで使用するため、Dropboxフォルダーをこのメモリに割り当てている。システムファイルは、もとからある128GBのSSDをめいいっぱい使う事ができる。

 欲を言えば、値段はもっと高くなってもいいから、128GBの製品も出してほしい。64GBだと、Dropbox 100GBすべてのデータは入らないからだ。


  

3
 朝、充電したのに午後にはバッテリー切れ。最近にわかにiPhoneのバッテリー消費が激しくなって来ていないだろうか? そんなあなたは、iPhoneのバッテリーに不具合がある可能性がある。詳しくは、こちらにまとめてある。

  

4
 アップルは、密かに iMac の値段を抑えた入門機 「iMac 21.5インチ」 を発売していた!


値段の所をよーく見よう。何気に21.5インチが従来より安くなっている


 従来の21.5インチは128,800円(税別)だったが、ニューモデルは108,800円(税別)と、2万円も安くなっている。じゃあ何が変わったのかというと、(赤が変更点)

従来モデル ニューモデル
CPU 2.7GHzクアッドコアIntel Core i5 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5
Turbo Boost使用時最大3.2GHz Turbo Boost使用時最大2.7GHz
メモリ 8GB(4GB x 2)メモリ 8GBメモリ
HDD 1TBハードドライブ 500GB ハードドライブ
GPU Intel Iris Pro Graphics Intel HD Graphics 5000
価格 128,800円(税別) 108,800円(税別)

と、無駄を削ぎ落した非常にシンプルな構成になった。

 ボクが気になったのは「1.4GHzデュアルコアIntel Core i5」への変更が、性能を低下させるのではないかとの心配だが、このi5はTurbo Boost使用時最大2.7GHzまでクロックアップするので、重たい処理も「ヨイショ」とやってのけるだろう。adobeスイートを日常的にバンバン使うプロでない限り、Macに負担をかけるアプリってのはあまり思い当たらない。「初めてのMac」ならば本当に「調度良い」チューニングなのではなかろうか。

 それでも不安のある人は、アップルストアでいくらでもカスタマイズできるので安心だ。これでMacに手が届く層も広がるだろう。

5
 Mac mini(MC238J/A)の中古品が税込み29,800円で発売中。在庫は約80台。急げ!

2014-0606 mac mini 2009

Core2 Duo搭載の Mac mini が税込み29,800円!! 


仕様
CPU Core2 Duo 2.26GHz
メモリ 4GB
HDD 320GB
OS Mac OS X 10.6.3

 1ヶ月の製品保証付き。販売店はイオシス アキバ中央通り店。BootCampにも対応しているモデルだ。性能的に何ら遜色ない。要するに型落ち品だと思えば良い。この機会を逃すな!!

ポチる


このページのトップヘ