PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

カテゴリ: mobile

iPad mini 2 / 16GB Wifi モデルが不要になったので売ってみました。気になる査定額は……。

2016-05-07 iPad mini 2
買取金額 最大18000円!(2016/5/5 現在)

マァ!お得。
でも、今回お伝えしたいのは、欠品による減額なんです。

付属品の充電器が無いと、-1000円。
Lightning ケーブルが無いと、-500円。
そして化粧箱が無いと、-0円。

そうです。箱や説明書は、査定額に影響しないんです。
ただしソフマップの場合ですよ。PCデポは容赦なく減額します。ご注意を。


2016-05-07 ソフマップ買い取り金額
証拠写真



  



イイネ!(投票する)

auはガラホの料金を値下げした。
25
従来は2GB、5,940円からだった

auは今回、10MB、1,941円(税込)からとなるプラン体系にした。
これでデータ通信をほとんど利用しない人はかなりお得になる。


  



イイネ!(投票する)

CDをスマホへ移すのって、パソコンがいるので面倒ですね。そんなあなたにこちら。
2015-06-19-1 T-Air
なんだかかっこいいぞ。
これは無線LAN付きのCDプレイヤーだ。

2015-06-19-3 T-Air
iPhoneでもAndroidでも。

2015-06-19-2 T-Air
この「T-Air」はツタヤサイトから買える。

実を言うと、中身はIO DATA製である。

IO DATAではもっと安いモデルも売っているが、「T-Air」の方がかっこいいのでこちらを紹介した次第である。

「T-Air」11,800円(税別)
http://top.tsite.jp/tair/

IO DATAの「CDレコ」 オープンプライス
http://www.iodata.jp/ssp/smartphone/cdreco/


  



タカラトミーは、ディズニーキャラクター100種が登場する109のアプリを内蔵したタブレット型玩具「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ できた!がいっぱいワンダートイパッド」を、7月30日より全国の玩具専門店、量販店の玩具売場などで発売開始する。
2015-05-29 ワンダートイパッド
できた!がいっぱいワンダートイパッド

同商品は、「かたむける」「ふる」といった直感的な体感遊びを搭載しており、従来のペンや指での「タッチ」メインのタブレット型玩具に比べ、より早い年齢の1歳半頃から長く遊べる子ども向けタブレット型玩具。

内蔵しているアプリは、日本語、英語、計算などのほか、ゲーム、絵本、お絵かきなど幅広いラインナップで、子どもの成長に合わせて5歳頃まで楽しく遊ぶことができる。100種以上のディズニーキャラクターが登場し、ディズニーのオリジナルアートを使用した高いクオリティーの画像、映像を採用しているため、大人でも楽しめる内容となっている。

アプリの一例としては、アナと雪の女王の主題歌のカラオケができる「おんがく Let It Go」、本体を振るとオラフの手足がポーンと外れる「オラフとあそぼう」、ボールになったスティッチをコロコロ動かして遊ぶ「コロコロスティッチ」など。通信機能は搭載していないため、小さな子どもでも安心して遊ぶことができる。

 商品内容は本体とタッチペンのセットで、希望小売価格は14,300円(税抜)。全国の玩具専門店や百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイトなどで7月30日より発売する。

タブレット型玩具「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ できた!がいっぱいワンダートイパッド」
発売日:2015年7月30日(木)
対象年齢:1歳半~5歳頃
希望小売価格:14,300円(税抜)






  

操作性・デザイン・機能に優れた、一段格上のミラーレス一眼「X-T10」が富士フイルムから発売された。
2015-05-27-23 FUJI X-T10
FUJI  X-T10

まずデザインと機能。一眼レフでは難しいとされるダイヤル操作が、X-T10では一目瞭然である。
56
赤枠内。「AUTO」と「・」を切り替えるレバーがある。これをAUTOにするだけで、フルオート撮影が行える。これは非常にわかりやすい。手動時は、左のダイヤルがシャッタースピード、右が露出となる。
12
内蔵オートフラッシュ機構。ポップアップする。本体カラーバリエーションはシルバー、ブラックの2種類。
05
ミラーレスならではのなせる業。ボディは381gという軽さ。見た目より一回り小さい。
25
38
主な仕様
有効画素数……1,630万画素
記録メディア……SDXC対応
静止画記録方式……CDF準拠 圧縮:Exif Ver 2.3 JPEG、DOPF対応 非圧縮:RAW / RAW+JPEG
動画記録方式……MOV 圧縮方式:H.264準拠 音声:リニアPCM(ステレオ)
最大記録画素数……<3:2>4896×3264
レンズ……FUJI FILM X マウント
感度……AUTO ISO200〜6400 ISO100 / 12800 / 25600 / 51200
手ぶれ補正……レンズにて対応
顔検出機能……あり
シャッタースピード……60分(バルブ)〜1/32000秒(電子シャッター)
連写……最大約8コマ/秒
セルフタイマー……2秒/10秒
液晶モニター……3.0型



  

スマホ依存に関する調査の結果を、MMD研究所が発表した。
2015-05-22-1 スマホ調査
スマホをいつ使っているか

帰宅後、寝るまでずーっとが最も多い5〜7割がこの時間帯にスマホを利用する。朝起きてから家を出るまでの忙しい時間帯にスマホしている根性のある人も、4割近い。
2015-05-22-2 スマホ調査
1日何時間スマホを使っているか

最も多いのは2時間未満だが、7時間以上という強者も1割存在する。

これらから、寝る前の睡眠時間を削ってスマホをいじる姿が目に浮かぶ。LINEばっかりやってる人、寝る前にやるとエンドレスになるから、さっさと寝なさい。(←自分に言ってる。)


  

買うなら5月中に! Surface Pro 3が、6月1日(月)から最大3万4000円値上げする。
2015-05-12 Surface Pro 3
Microsoft Surface Pro 3

■Surface Pro 3 (i3 / 64GB モデル)
 一般向け:現 9万1800円→新 10万7800円
 法人向け:現 8万4800円→新 9万3800円

■Surface Pro 3 (i5 / 128GB モデル)
 一般向け:現 11万1800円→新 12万6800円
 法人向け:現 10万800円→新 11万2800円

■Surface Pro 3 (i5 / 256GB モデル)
 一般向け:現 13万9800円→新 16万2800円
 法人向け:現 12万4800円→新 14万8800円

■Surface Pro 3 (i7 / 256GB モデル)
 一般向け:現 16万4800円→新 19万8800円
 法人向け:現 15万3800円→新 18万4800円

■Surface Pro 3 (i7 / 512GB モデル) 
 一般向け:現 20万2800円→新 23万3880円
 法人向け:現 19万1800円→新 22万4800円

このほか、カバーやアダプターなどの周辺機器も値上げする。
Surface Pro 3を買うなら、5月中に買っておこう!


  

EXPANSYSは5月18日(月)までの期間限定で、ZenFone2が値引き+送料無料で最安2万5440円で購入できるセールを展開しています。

2015-05-13 AenFone2
ASUS ZenFone 2 (海外版)

・ZE550ML-Dual SIM/16GB、CPU Atom Z3580(2.33GHz、クアッドコア)、3色

2万6212円→2万5440円

・ZE551ML-Dual SIM/32GB、4GB RAM、CPU Atom Z3560(2.33GHz、クアッドコア)、4色

3万5490円→3万4715円

国内版では用意されていない、メモリーが4GBでインテルCPUのZ3560(1.83GHz、クアッドコア)が狙い目。性能は上位機種のZ3580(2.33GHz、クアッドコア)に比べるとやや劣りますが、3万4715円と手を出しやすい価格で64ビットのインテルCPUを搭載したスマホをゲットできます。
 

楽天モバイルなどの格安SIMとセットで予約注文できるA500KLも、2万5440円と国内版と比べて1万3000円以上もおトクです。
 

さらに、黒色のラインアップもZE550MLとZE551MLそれぞれあります。国内版だと発売延期になってしまったので、待ちきれない人には絶好のチャンス。

【ご注意ください】

EXPANSYSで販売されているZenFone2は、国内版と比べて利用できる通信の周波数が異なります。このため、FOMAプラスエリアが使えないなどデメリットがあります。例えばドコモの格安SIMを利用した場合、家電量販店や地下にある飲食店などの店舗で通信できなくなることがありました。また、国内版でば文字入力のIMEに『ATOK for Android』が搭載されていますが、こちらも搭載されていません。

EXPANSYS
http://www.expansys.jp 



  

4万円以下でWindowsモバイルノートが買える時代になった。安い。だが、このクラスのモデルは、趣味で使いたいのなら、あまりおすすめできない。
2015-05-11 ASUS EeeBook
人気のASUS EeeBook X205TA

11.6型ディスプレイ(1366×768)、軽さ980g、バッテリー11時間。MacBook Air 11"とこの辺は、似ている。

だが、CPUパワーで劣る。Atomでメモリーは2GB(MacBook Airは i5 / 4GB)しか積んでいない。自動車で例えるなら、軽自動車だ。youtubeの4K動画では、頻繁に止まった。

致命的なのは、SSDが64GBしかないことだ。最低でも128GBは欲しいのだが。これでは、Windows Updateをインストールしたら、ほかに何にも入らない。

microSDポートがあるからメモリ拡張は出来るが、スピードが犠牲になる。HDD並だと考えた方が良いだろう。

残念ながら、これはOffice専用機と考えた方が良い。それなりのパソコンは、それなりの値段(12万とか)がするものなのだ。

企業が一般社員向けに買う分には、何の問題もない。役所の事務にも使えるだろう。それならば、予算が抑えられるのでおすすめだ。


  

フリーマーケットサイト「ムスビー」から、2005年4月の中古携帯ランキングが発表されました。
2015-05-08 iPhoneとXperia
iPhoneとXperiaが人気

結果は以下の通り。上位をdocomoが独占し、7位にGyaraxy Note Edgeが食い込んできました。値段もお手頃で性能も高い、Xperia Z3 Compact SO-02Gが5ヶ月連続で首位を独占しています。 
2015-05-08 携帯ランキング
クリックで拡大します。

ムスビーランキングサイト
http://www.musbi.net/keitai/ranking.php 


  

2015年5月13、14日、docomoとauがこの夏の新製品を発表する。
2015-05-08 docomo発表会
携帯買うなら、来週までもうちょい待て

docomo発表会の様子は5月13日の15時から、上記のストリーム放送で配信される。
auの発表会は、5月14日の12時から。どこかでライブ配信をするらしい。


  

国内の携帯端末メーカーが、「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。 スマートフォンの普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。 コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準であるandroidに統一する。

2015-05-07 ガラケー
実はとっても使いやすいガラケー
 

今回、メーカーは独自OSの携帯機種の生産を中止する。ただ、折り畳み式やボタンが付いている形状は中高年を中心に根強い人気があるため、 外見や操作性が従来風の端末の生産は続けるが、実態は従来型ではなくandroid機種となる。NTTドコモの「iモード」などのサービスは当面維持する。


NECは、スマホ・ガラケーともに2017年3月に生産を終え、すべての携帯電話端末事業から撤退する。


富士通やシャープ、パナソニックなどの端末メーカーも相次ぎ、端末のOSをandroidに切り替える。スマホ技術の全面採用で新製品開発コストを減らす狙いだ。



 

simロック解除は5月からって言ってたのに、実際は半年後からになるとのこと。
Galaxy S6

docomoとauでは、基本的に5月1日以降発売の機種が、simロック解除対象となる。ただし、お買い上げから半年過ぎないとsimロックは解除しない方針。なんとまあずるいんでしょう!

simロック解除手続き手数料は、webからだと無料、店頭だと3,000円とのこと。

softbankがどうなるかは、まだ不明。

なお、持ち込み機種をsimロック解除する場合、利用できるサービスに制限がかかることもあるそうだ。


goo(NTTレゾナント)は、スマホ市場に参入する。端末、simカード、アプリ、アフターサポートをセットで販売する。
2015-04-24 gooスマホ1
g01(グーマルイチ)、g02(グーマルニ)、g03(グーマルサン)

端末は中国の端末メーカーZTEのAndroid 5.0機種をベースに開発。スマホ初心者やライトユーザー向けのリーズナブルな3G端末「g01」(グーマルイチ)、SDメモリーカードスロットや大容量バッテリー、800万画素カメラを搭載したLTE端末「g02」(グーマルニ)、オクタコアCPUを採用するハイエンドモデル「g03」(グーマルサン)の3機種で展開する。本体価格はそれぞれ、1万円、2万円、3万円(税別)。販売はWebサイトを通して行う。
2015-04-24 gooスマホ2
g03は5インチディスプレイ

「g03」のベースの「ZTE Blade S」はgoo SimSellerでは4万円台で販売されており、価格の優位性にも自信を見せる。音質や画質など機能面にもこだわり、セキュリティ面では、網膜認証によるロック解除機能が今夏追加予定だ。

通信SIMは「OCNモバイルONE 音声対応SIM」を採用。月額1600円(税別)からプランを選べる。端末のみの販売は予定していない。

 photo
goo milk feeder

プリセットアプリとして「goo milk feeder」を新たに開発した。芸能ネ中心に、ネットで話題になっているニュースや話題をまとめて閲覧できるリーダーだ。ユーザーの興味や使い方に合わせて学んでいく仕組みの導入や、gooの他コンテンツとの連携なども視野に入れる。

スマホ初心者でも安心して使えるよう、アフターサポートも充実。端末の使い方やSNSの使い方なども電話とリモートサポートでアドバイスする。

gooのスマホ
http://product.goo.ne.jp


   

ASUSは、SIMフリースマートフォン「ZenFone 2」(型番:ZE551ML)を5月16日より国内発売する。

30
ZenFone2 カラーバリエーションは4色



スマートフォンで世界初のメモリ4GB、、64MBストレージ、下り150Mbps対応LTE、5.5型 1.080×1,920ドット(フルHD)、Android 5.0などを搭載。

 

国内モデルラインナップ

  • メモリ4GB/ストレージ64GB 50,800円 (予約は5月下旬から)
  • メモリ4GB/ストレージ32GB 45,800円 (予約受付中)
  • メモリ2GB/ストレージ32GB 35,800円 (予約受付中)

(価格は税別)


MVNOは次の8社 IIJ、geanee mobile、DMM mobile、TNC、NifMo、楽天モバイル、ユーモバイル、Y!mobile


カメラは、独自の「Pixel Master」技術を搭載し、暗所でも鮮明に撮影できるローライトモード、逆光でも色が飛んだり潰れたりせず撮れるHDRモードを搭載。ソニーの「Xperia Z3」、Appleの「iPhone 6 Plus」よりも高品質な写真が撮れるという。昨今の自撮りブームに併せ、前面カメラについても140度のパノラマ写真が撮れるモードも用意した。背面のフラッシュは自然な色味を残しながら明るく撮影できるというデュアルカラーLED。オプションで、音声端子に接続する外付けフラッシュも発売される。

Micro SIMを2枚搭載可能なデュアルSIM対応で、データ通信と通話のSIMを分けて運用できる。Wi-FiがIEEE 802.11ac/a/b/g/n対応で下り速度は最大433Mbps、GPS対応。


基本UIは、従来と同じZen UIを踏襲するが、新機能も搭載。タッチジェスチャー機能を使うと、スリープモードでも画面のダブルタップでスリープが解除されるほか、スリープ状態で画面に「C」を描くとカメラを起動したり、「e」を描くとメールアプリを起動したりというジェスチャーが使えるようになる。また、片手操作モードをオンにすると、画面全体を半分程度までの範囲で縮小し、画面内の好きな場所に配置できる。このほか、利用時間やアプリの種類の制限が可能なキッズモードも搭載。


「SnapView」と呼ばれる、アカウントの切り替え機能も搭載。基本的にはOSのマルチアカウント機能を利用したものだが、ロック画面でユーザーを選択することなく、ロック解除に使うパターンに縦棒を描いたらユーザーA、横棒を描いたらユーザーBというように、ログインアカウントを使い分けられる。同社では、会社と個人のアカウントを使い分けるような場合に対応できる。


サイズは77.2×152.5×10.9mm、170g。本体色はブラック、レッド、ゴールド、グレーの4色だが、ツートンカラーの「Fusion Series」、幾何学的凹凸パターンを持った「Illusion Series」と呼ばれる背面ケースや、円い窓が開いた「View Flip Cover Deluxe」というオプションも用意される。


バッテリ容量は3,000mAh、駆動時間はWi-Fi時約10.2時間、モバイル通信時約8.5時間、LTE連続待ち受け時間は約267時間、3G連続通話時間は約19時間。4GBモデルは、バッテリゼロから39分間で約60%まで充電でき、約2.2時間で完了する急速充電に対応。2GBモデルはオプションにて急速充電対応18W USB ACアダプタを税別2,800円で利用可能。また、容量10,050mAhで本体と同じカラーリングのモバイルバッテリ「ZenPower」を税別3,950円で発売する。


このほかの主な仕様

Micro USB、microSDカードスロット、Bluetooth 4.0、音声入出力、加速度センサー、近接センサー、電子コンパス、光センサー、磁気センサー、ジャイロスコープ、NFC。


 

SONYは、Xperiaシリーズの最高峰スマートフォン最新モデル「Xperia Z4」を発表した。発売は今夏。キャリア未定。

00
「Xperia Z4」スマホで最高峰の性能を誇る

最大の特徴は“自分撮りカメラの強化。前面カメラは、焦点距離25mmの広角レンズと510万画素のイメージセンサーを搭載し、自分を含めた複数人撮りや風景を綺麗に撮ることができる。また、AR機能を駆使したマスク機能、スタイルポートレート機能を加えるなど、自分撮り機能を強化した。


背面カメラは2,070万画素。独自の画像処理エンジン「BIONZ for mobile」をにより、高画質を実現。ISO 12800の高感度と走りながらでもブレにくい電子式手ぶれ補正技術を備える。また、料理のシーンを自動的に判別し“美味しそうに見える”ように料理写真を撮影できる。


オーディオ関連では、Bluetooth用の高音質コーデック「LDAC」をサポート。対応のヘッドフォンやスピーカーと組み合わせることで、最高96kHz/24bitの出力が可能となり、無線でハイレゾオーディオを楽しめる。また、接続したヘッドフォンの周波数特性を自動分析して最適化する機能を備える。


カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色。

主な仕様
メモリ3GB、ストレージ容量32GB、液晶は5.2インチ 1,920×1,080ドット(フルHD)。

Micro USB(MHL対応)、microSDカードスロット、4G LTE/Cat 6、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN(MIMO対応)、Bluetooth 4.1、バッテリ容量2,930mAh。本体サイズは約72×146×6.9mm。


 

たいへん長らくお待ち致しました。たったいま、ASUSから公式発表です。
30
ZenFone2 日本では4月20日予約開始、5月16日発売!!

2GB / 32GBモデルが35,800円
4GB / 64GBモデルが50,800円(5月下旬以降)

LTE 下り150Mbps / 上り50Mbps(Max)
Wi-Fi 11ac

ATOK標準装備
MVNO/通信事業者パートナーは、IIJ、DMMモバイル、NifMo、楽天モバイル、U-mobile、ワイモバイルなど8社を予定。

   

最近のスマホは大きいので、片手では扱いにくい。そこで
2015-03-24 スマホバンド
「スマホバンド」

「スマホバンド」というシンプルな名前のこのアイテムは、その名のとおり、スマートフォンに装着するバンド。スマートフォン背面の対角線に伸びるバンドと本体の間にスッと指を通すことで、片手スマホが余裕となる。コロンブスの卵とはまさしくこのことで、これだけ簡単な作りのアイテムが、驚嘆すべき効果を発揮する。2つの角をホールドするだけのシンプルな構造ゆえに、ほぼすべてのスマートフォンに対応している。

バンドのホールド感の強さには、「ハード」と「ソフト」の2種類あり、ユーザーの好みに合わせて選択可能。カラーリングは黒、白、青、赤、黄の5種類。そして、あのiPhone6/6 Plusにも対応。こちらは付属のジョイントを使用して装着可能となる。

この「スマホバンド」を使えば、大きなスマートフォンも簡単に片手で持つことができる。大画面スマホが主流の現代において、間違いなく朗報だ!

 

ボクのiPhone5s(16GB)は本体価格84,000円を24ヶ月分割払いしている。毎月3,500円くらいだろうか。もちろんソフトバンクが全額割り引いているわけだが、2年縛りだ。
2015-03-04 Apple
iPad mini 2(Wi-Fi)は73,200円を12回払い。月6,100円だ。昨年はちょっと何も考えずにApple製品を買いすぎたと今になって思うようになった。 

ボクはスマホやiPadでゲームをしない。やってもTwitter程度だ。ましてや、原稿を書くなんてことは絶対にない。家にも会社にもデスクトップパソコンがあるからだ。

たまにスマホで通話はする。なんだかすっごいもったいない気がしてきた。

今年夏になれば、携帯各社はすべてsimフリーとなる。するとどうなるか。

スマホは買い換える必要がなくなり、一度買えばあとは一生使えるようになる。となると、iPhone7(仮)が出れば、それを買いさえすればiPhone8(仮)は全く売れなくなるのである。

それにスマホの値下がりが追い打ちをかける。東南アジア勢のスマホは極端に安いが、本体価格1万円なんてざらにある。実質0円で買えるのもめずらしくない。そんな状況の中、10万円もするiPhone7(仮)をわざわざ買う人は減るだろう。

今年はApple没落元年となるかもしれない。

 

携帯各社から、簡単スマホが出始めた。だが、シニアには難しいと思う。
シニアにとってスマホは電話なので、インターネットネット閲覧機能は思い切って無くして良い。
 IMG_0931
このくらいの機能で調度良いと思う。

まずは電話の仕方がわからないと話にならない。シニアにとってにとってスマホは電話だからだ。ワンタッチダイヤルも必要だろう。

メールもやりたいだろう。カメラは普通についていてほしい。

電卓と交通はいらないかもしれない。その代わりに、LINEに切り替えることもできるようにしたらいいと思う。このくらいシンプルでいいのだ。シニアは自分からアプリをインストールしない。

あとは振り込め詐欺撃退機能が付いていれば文句なしだ。

 

このページのトップヘ