PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

カテゴリ: 周辺機器

KOOWHOは、アルコール検出機能付き自転車ロック『ALCOHO-LOCK』の予約受け付けを開始した。年内発売予定で価格は3~4万円程度を予定している。
20150703alcoholock06_cs1e1_480x
アルコール検出機「ALCOHO-LOCK」

『ALCOHO-LOCK』はBluetooth通信に対応し、ロック本体にアルコール検知センサーを搭載。ロック本体に息を吹きかけ、アルコールが検出された場合はスマホの専用アプリでアルコール濃度数値が表示されるほか、自転車を押して帰るよう注意を促すメッセージが表示される。

20150703alcoholock05_cs1e1_x480
酒酔いは、スマホに通知される。

また、所有者の息からアルコールが検出されると、あらかじめ登録されたユーザー(家族や友人など)のスマホにもアルコール濃度数値と検出場所がアラートとして送信される。これにより、知人から危険な飲酒自転車運転をしないよう、電話やメールで説得することが可能。

自転車の飲酒運転は刑事罰の対象になる重い犯罪(5年以下の懲役または100万円以下の罰金)なのはもちろん、フラついて歩行者などにぶつかってケガさせてしまう危険性も大。『ALCOHO-LOCK』は少々お高いものの、自制を促すツールとして有用だ。


  



イイネ!(投票する)

今回は折りたたみキーボードを2種紹介します。

まずはMicrosoftから。2つ折りキーボード
 150715aszk000_cs1e1_480x
Microsoft Universal Foldable Keyboard

Bluetooth4.0接続。Windows8以降、iOS7以降、Android4.3以降に対応。
150715aszk001_cs1e1_340x
モバイルだけどフルサイズ。バッテリーは3ヶ月持ちます。折りたたむと薄さ11.5mm。
150715aszk002_cs1e1_480x
Microsoftや米amazonで取り扱っています。99.95ドル(約1万3000円)。日本での発売はまだです。



次は上海問屋の3つ折りキーボード
mdn12896re1_s
上海問屋 DN-12891
mdn12896re2
 おわかりでしょうか。本体を3つにたたむことができます。
mdn12896re5
 こんな感じ。Bluetooth接続です。
ドスパラパーツ館3Fの上海問屋コーナーで取り扱っています。3,999円(税込み)。


米amazon
上海問屋 



  



イイネ!(投票する)

iPhoneをなくしたり盗まれたりしたら、「iPhoneをさがす」でGPS検索できる。あの機能だけを製品化しようとしている。
20150715trackerpad02_480x
TrackerPad

これはKickstarterで資金調達中なのだが、コインほどの大きさの本体にプリペイドSIMが組み込まれており、スマホに位置情報を送り続けることができる、GPSトラッカー。最大7日間動作する。
20150715trackerpad04_480x
たとえば失くしたくない財布に入れておくと、失くしたときにどこにあるかスマホで追跡できる。
20150715trackerpad05_480x
あるいは自転車が盗まれたときも、GPSで追跡できる。

TrackPad 2枚とワイヤレス充電器と専用アプリセットで30ポンド(約5,800円)。出荷は今年12月予定。全世界への発送に対応する。(おそらく全世界で機能するだろうとのこと)

でもなあ。自転車はいいけど、財布の中身だけ盗られたら意味ないと思うけどなぁ……。


  



イイネ!(投票する)

YAMAHAは往年のキーボードをモチーフとしたミニシンセサイザー4種類を発表しました。
main
YAMAHA「reface」シリーズ

ラインナップは「reface CS」「reface DX」「reface CP」「reface YC」。
見た目はオリジナル風。各種本物の音源を忠実に再現します。スピーカーを内蔵しており、電源アダプターまたは単三電池6本でも動作するので、気軽に演奏を楽しめます。


「reface CS」
YAMAHA CS80 のリメイク。TOTOが好んで使ったため、その特徴的な音色はTOTOホーンとも呼ばれる。

「reface DX」
YAMAHA DX7 のリメイク。アタックの効いたFM音源が特長。現在でも熱狂的に支持されている。

「reface CP」
YAMAHA CP シリーズのリメイク。CPシリーズといえば、ピアノです。

「reface YC」
YAMAHA YC シリーズのリメイク。60〜70年代のバンドサウンドを支え、ステージ向けとしてコンパクトに設計されたコンボオルガン。ギターアンプをつないで爆音が出せるのが特長。


いずれも予想価格は約45,000円。今秋順次発売。ボクはDXが欲しいな。


  



イイネ!(投票する)

高くて手の届かなかった4Kディスプレイの値段が下がってきました!!
01

20

ボクはHD(1920×1080)なのではもう少し粘りますが、買い替え時の方はチャンスです!


  



イイネ!(投票する)

レンズをつけて寝ると、視力が回復するんです。
000_cs1e1_480x
『ブレスオーコレクト』、通称『ナイトレンズ』。

東レと、ベンチャー企業ユニバーサルビューの共同開発だ。

「わたしは裸眼で0.2ですが、夜にレンズをつけると朝には1.5に回復します。夜にはまた1.2ほどになりますが」と担当者さん。にわかには信じがたい技術だが、こちらを見る目は裸眼だ。保険適用外の自由診療扱いで、料金は3年間で15万円ほど。

レンズを装着すると、角膜前面の形状を押すような形で矯正。近視の場合、網膜の手前になってしまう焦点位置を後ろに補正する。「オルソケラトロジー治療」と言い、全国220箇所の病院が導入している。


コンタクトのタイプで言えばハードタイプ。一回つけたら洗浄して何回でも使える。ハードタイプにもかかわらず折り曲げられて、割れず、酸素透過率が高いという東レ開発の機能性素材によって、この治療法を実現した。

「ニーズがあるのは子供。レーシック手術は18歳以上のため、子供はメガネとコンタクトしか選択肢がない状態でした」

角膜の形状をもとに、同社の技術が適応できるかどうかを簡単に判定するiPadアプリも自社開発。眼科の先生の負担を少なく導入できるような工夫をしているそうだ。

ユニバーサルビュー
http://www.universalview.jp/



  



イイネ!(投票する)

CDをスマホへ移すのって、パソコンがいるので面倒ですね。そんなあなたにこちら。
2015-06-19-1 T-Air
なんだかかっこいいぞ。
これは無線LAN付きのCDプレイヤーだ。

2015-06-19-3 T-Air
iPhoneでもAndroidでも。

2015-06-19-2 T-Air
この「T-Air」はツタヤサイトから買える。

実を言うと、中身はIO DATA製である。

IO DATAではもっと安いモデルも売っているが、「T-Air」の方がかっこいいのでこちらを紹介した次第である。

「T-Air」11,800円(税別)
http://top.tsite.jp/tair/

IO DATAの「CDレコ」 オープンプライス
http://www.iodata.jp/ssp/smartphone/cdreco/


  



チチブデンキといえば、一度は行ったことがあるだろう。秋葉原名物、「おでんの缶詰」をはじめて置いた、ちっちゃな電気屋さんだ。
2015-06-17 チチブデンキ
長い歴史を誇るチチブデンキ

おでん缶や東芝製品で有名なチチブデンキさん、秋葉原での営業は終了し、5月25日から移転、通販業務に移りました。
2015-06-17 チチブデンキ会長
チチブデンキ会長の小菅さん

移転後もビルやおでん缶自販機は残るとの事。今後のご活躍にも期待です!

チチブデンキ
http://www.chichibu-el.co.jp/



  

青いガチャピンとムックの宣伝を見たら、警戒しなくてはならない。ここのWiMAXは絶対に加入してはならないからだ。
2015-06-17 WiMax
この広告は大嘘である。

この広告にはこう書かれている。
『ヤ倍速! 下り最大220Mbps × ギガ放題(月間データ量制限ナシ)』

これを見てボクは歓喜した。
「わーい。最大220Mbpsの速さが、制限ナシで使えるぞー。こりゃーいいや!!」

とんでもない!!
真実はこうである。

月間データ量制限はないが、1日あたりの使用量に制限があり、220Mbpsで通信したら、たったの37秒で制限がかかり、それ以降は1Mbpsでしか通信ができなくなるのだ。

おそロシア。想像してみてください。

「最高速度で走り放題! 時速220km!!」という車を買って、早速道路を走ったら、たったの37秒でリミッターがかかって、時速1kmしか出なくなるんですよ!!!

当然ユーザーは怒りますが、UQWiMAX曰く「嫌なら辞めていいよ。その代わり違約金2万円払ってね。」との態度。

これは消費者相談センター行きの事例だと思います。詐欺同然。新聞沙汰にすべきです。
みなさん、くれぐれも気をつけてください。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/
0570-064-370



 

SONYからCDカードラジカセがやっと出た。
2015-06-05 SONY CDカードラジカセCFD-RS501
CDラジオカセット メモリーレコーダーCFD-RS501

ただ、これはラジカセの理想形というわけではない。この商品は、CDラジカセにSD/メモステDuoカードスロットをくっ付けただけに過ぎない。つまり、内部にHDDが入っていて音楽を溜めたりすることはできないのである。

1枚のカードに何曲入るのかも明示されていない。2000曲くらい入るといいのだが、果たして。

それと、ちょっと気になったのが、デザインである。最近のSONYラジカセのデザインを踏襲しているが、この形は、SONYというよりもAIWAではないか? SONYはAIWAブランドをぶっ潰したが、なぜそんなバカなことをしたのだろう。この商品、AIWAブランドで出せばぴったりではないか。SONYらしくない。

あと、SONYはいい加減、メモステに見切りつけなよ、と言いたくなる。SDカードでいいじゃん。

お値段はソニーストアで20,880円(税抜き)
7月11日発売。

SONY CFD-RS501
http://www.sony.jp/radio/products/CFD-RS501/



  

コンパクトな23.8インチながら4K解像度を実現したディスプレイ、DELLのP2415Qが激安!!
2015-06-05 DELL4KモニタP2415Q
DELL 4Kモニタ P2415Q

フルHDの4倍の解像度(3840×2160)を持ちながら、23.8インチとコンパクトなサイズのウルトラモニター。

接続端子
  • DisplayPort(入力)
  • Mini DisplayPort
  • DisplayPort(出力)
  • HDMI(MHL)
  • スピーカライン出力
  • USB 3.0ダウンストリーム x 4
  • USBアップストリーム x 1
別売りのDELLサウンドバーAC511(3,314円税抜き)を取り付ければ、ステレオサウンドも楽しめる。

本体はDELLから買うと49,980円(税抜き)だが、ヨドバシとかで買うと45,000円(税抜き)前後で買える。

4Kモニタとしては、最安の部類に入るだろう。現在一般的な4Kモニタは、27インチなので、割高なのだ。6万円くらいはする。ちなみに5Kモニタを買おうとすると、10万円を超える。

DELL 
http://www.dell.co.jp/




  

人間の耳には聞こえない周波数帯の音を使った音声透かし(音響透かし)を映画の音声に付けることで、Wi-Fiなどの無線技術を使うことなく映像に完全同期した字幕をスマートフォンに再現できるアプリが「UDCast」だ。
2015-06-05 音声すかし
音声すかし「UD CAST」

20kHz以上の音は人間の耳では聞こえない。実際、CDには20kHz以上の超音波は記録されていない。
じゃあ、この帯域を字幕信号を送るために使っちゃおう、というのが、UDCastの発想である。

技術的には簡単に実装できるため、これはアイデア特許だ。可能性としては、現在のCD規格を拡張して、歌詞を表示させるなどの応用ができるかもしれない。

ただし、この超音波の帯域は、ハイレゾオーディオの再生域と重なる。ハイレゾオーディオとの併用は、残念ながらできない。



  

Macintoshで採用されているThnderbolt 2インターフェースがThnderbolt 3にバージョンアップされる。
32
コネクタがUSB Type-Cと同じになる。

主なインターフェースの速度は次の通り。
  • USB2.0……480Mbps
  • USB3.0……5Gbps
  • USB3.1……10Gbps
  • Thunderbolt 1……10Gbps
  • Thunderbolt 2……20Gbps 
  • Thunderbolt 3……40Gbps 
USB3.1の登場でThunderboltは要らなくなるかと思っていたが、ここまで速くなると、MacProなどでは今後も採用されるだろう。ケーブルが細くなるので、取り回しも改善される。また、MacBook Proなどでは、インターフェースがThnderbolt 3のみ、という機種も登場するかもしれない。



  

操作性・デザイン・機能に優れた、一段格上のミラーレス一眼「X-T10」が富士フイルムから発売された。
2015-05-27-23 FUJI X-T10
FUJI  X-T10

まずデザインと機能。一眼レフでは難しいとされるダイヤル操作が、X-T10では一目瞭然である。
56
赤枠内。「AUTO」と「・」を切り替えるレバーがある。これをAUTOにするだけで、フルオート撮影が行える。これは非常にわかりやすい。手動時は、左のダイヤルがシャッタースピード、右が露出となる。
12
内蔵オートフラッシュ機構。ポップアップする。本体カラーバリエーションはシルバー、ブラックの2種類。
05
ミラーレスならではのなせる業。ボディは381gという軽さ。見た目より一回り小さい。
25
38
主な仕様
有効画素数……1,630万画素
記録メディア……SDXC対応
静止画記録方式……CDF準拠 圧縮:Exif Ver 2.3 JPEG、DOPF対応 非圧縮:RAW / RAW+JPEG
動画記録方式……MOV 圧縮方式:H.264準拠 音声:リニアPCM(ステレオ)
最大記録画素数……<3:2>4896×3264
レンズ……FUJI FILM X マウント
感度……AUTO ISO200〜6400 ISO100 / 12800 / 25600 / 51200
手ぶれ補正……レンズにて対応
顔検出機能……あり
シャッタースピード……60分(バルブ)〜1/32000秒(電子シャッター)
連写……最大約8コマ/秒
セルフタイマー……2秒/10秒
液晶モニター……3.0型



  

何でもネットで何とかなるこの時代。快適に引きこもりたい人は、ボクを含め多いだろう。そんなあなたにうってつけなのはこれだ!
2015-05-27-25 引きこもりハウス
ECOCAPSULE(エコカプセル)

なんだこのオパオパみたいなのは。説明しよう。このカプセルは、一人用の究極の引きこもりカプセルなのだ。
2015-05-27-27 引きこもりハウス
完全にオパオパである(飛びません)

中に入ると、こんな快適な空間が!
2015-05-27-29 引きこもりハウス
右にベッド、奥にはキッチン
2015-05-27-30 引きこもりハウス
間取り図

右上にベッドがあり、窓が開く。向かいには作業台。足元が収納スペース。作業台の横が入り口。入ったら左手にキッチン。そしてトイレとシャワーがある。
2015-05-27-31 引きこもりハウス
晴れたら充電。風の日は発電。雨なら雨水を貯める。

さすが全天候型引きこもりカプセルだ。これならどんな日でも引きこもれる。
2015-05-27-32 引きこもりハウス
重さ1.5tしかないため、車でどこへでも行ける。
2015-05-27-26 引きこもりハウス
雪の中で静かに引きこもり
2015-05-27-33 引きこもりハウス
ビーチでみんなで引きこもり
2015-05-27-34 引きこもりハウス
満天の夜空の下、引きこもり。

ここまでくると、引きこもりがもはやレジャーとなるからスゴイ。

快適かつエコな住環境を生み出し移動も自由自在の「Ecocapsule」は、スロバキアに拠点を置くデザインスタジオNice Architectsが生み出した新時代のスマートハウスで、2016年前半に発売される予定です。スロバキアからの輸送費用も発表されており、例えばアメリカ・ニューヨークへは2200ユーロ(約29万円)、アルゼンチン・ブエノスアイレスへは1800ユーロ(約24万円)、オーストラリア・メルボルンへは1500ユーロ(約20万円)となっているので、日本への輸送も期待できそうです。

なお、Ecocapsuleは2015年5月28日・29日にオーストリア・ウィーンで行われるPioneers festival 2015で展示され、価格は2015年10月から12月ごろに発表される予定です。

ECOCAPSULE | Dwelling with the spirit of freedom
http://www.ecocapsule.sk




  

MacBookはUSB-Cが1ポートしかないからダメだって!?
2015-05-27-22 MacBook Hub
ないのなら足せばいい。

言わずと知れたクラウドファウンディング「Kickstarter.com」が、MacBook用のUSB HUBを作った。

USB-A×3(電源供給機能付き)
USB-C×2(電源供給機能付き)
SDXCカードスロット×1
Mini Display ×1
リチウムイオンバッテリー内蔵。 
どうだ。これだけ付いてこのiPhoneより小さいこのサイズなら文句ないだろう。

3万5千ドルの応募に対しすでに44万ドルもの応募が集まっている。発売決定だ。現在、1個79ドルで買うことができる。 HDMIアダプターがおまけに付くのは売り切れてしまった。

Hub+ for USB-C



  

タカラトミーは“浮いて走る”夢のレールトイ『リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット』を今年9月に発売する。

08

新発売となる『リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット』はこれまでのレールトイでは成しえなかった、磁力浮上・磁力走行を同時に行なうリニアモーターカー。モチーフは、2027年に首都圏と中京圏間で営業運転を開始する予定である超伝導リニア車両のL0系。

いかがでしょうか? 滑らかな走行で、信じられないくらい速いです!!

リニアライナーのスピードは、スケール換算すると時速500km/h。磁力浮上して車輪と地面との摩擦がなくなった。また、車輪の摩擦がないため、稼働音もあまりしないです。リニアライナーが「スー」っと駆け抜けていく様子は、まさに未来の車体。

走行する仕組みは、レールに取り付けられた帯状の磁石と、各車両底部の四隅に搭載した4つの磁石の反発することで車体が約2mm浮上。走行時には“推進用コイル”と、タカラトミーが独自開発技術の“高速磁気センサー”が車両一両一両すべてに搭載されていることで、レール上の磁石を感知し、コイルに電流が流れて磁界を発生させ、レールと車両の磁石同士の反発で推進力を発生さえ車両が前進するとのこと。

0526nabe07_cs1e1_480x
車体は約2mm浮いている

開発にあたって、車体を浮かすこと自体は難しくないけど推進させることが困難なため、磁石間の距離や強さなどを試行錯誤したり、独自技術である高速磁気センサーを取りつけるなど、様々な工夫があったそうだ。
0526nabe10_cs1e1_480x
両脇の磁石で浮上、下の磁石で推進する
0526nabe12_cs1e1_480x
製品版ではコントロースステーションに時速が表示される

セットには浮上用磁石が埋め込まれたレールとコントロールステーションが同梱。コントロールステーションには速度感知センサーが搭載され、周回ごとのスケールスピードをモニターに表示する機能や、中央レバーで車両の停車、発車をコントロールする機能、音声アナウンス機能が搭載されており、「間もなく列車が発車いたします」、「時速500km到達」など、停車、発車、走行スピードなどの状況に連動してアナウンスが流れる。

販売価格は37,800円と、子供に買い与える玩具としてはちょっと高いが、リニアモーターカーへの憧れを持っているシニア層を中心とした幅広い世代への訴求を想定しているということ。また、タカラトミーの代表取締役社長の富山幹太郎氏いわく、初期の価格はあくまで「スタート」。超電導リニアが実際に開業になる予定の2027年には価格も抑えられるかもしれない、とのことだ。

タカラトミーモール
http://takaratomymall.jp/shop/g/g4904810825999/



  

タッチパネルではなく、ペンを使ってメモを取りたい。
 2015-05-21-01 phree
手の甲でもメモが取れるPhree

デジタルペンというアイテムもあるが、専用のノートを使用するものが多いため、気軽に持ち運べないというデメリットもあった。

しかし、いつでもどこでもペン1本でメモが取れて、通信デバイスとしても使用できる「マルチな機能を持つアイテム」Phreeが発表された。現在クラウドファンディングサイトの『Kickstarter』で出資を募っている。

ペン先の部分には専用のタッチセンサーとレーザーセンサーが内蔵されており、腕やテーブルのうえだけではなく衣服や布のうえなど、場所を選ばずにペンを使用することができる。

書き込んだデータは指定のデバイスにすぐ反映され、スマホやタブレットを手に持ちながらの従来のスタイルでも、本体のみでもメモを取ることができる。 

2015-05-21-02 phree
ペンなのに電話もかけられる

さらには『Phree』の本体にタッチ式のディスプレイを採用しており、Bluetoothとマイクとスピーカーも内蔵しているので、通信デバイスと接続して電話をかけたり、メッセージの送受信など、端末としても使用できるという。
 2015-05-21-03 phree
なにもんなんだこいつは

この『Phree』は、デバイスに直接タッチして書き込むスタイラスペンや、専用のノートを必要とするデジタルペンとも異なり、書くこと以外の機能も充実しているので、もしヒットするようなことがあれば新たなジャンルとして扱われる可能性が高いだろう。

もしかしたら『Phree』のようなディスプレイと通信機能を備えたペンが、次の“スマートウォッチのような存在”となっていくのかもしれない。

現在のこのプロジェクトは目標額の2倍以上の出資を得ており、良いスタートを切れたといえるだろう。『Phree』は機能の多さだけではなくセンサー部分の技術も注目されているようなので、今後の動向に注目したい。

Phree



  

小型軽量。液晶搭載。お値段たったの3,980円のドライブレコーダーが、テックから発売された。
2015-05-22-1 ドライブレコーダー
ドライブレコーダーTECDVRVGA

動画・音声記録/写真撮影などの機能はもちろん、サイクル録画(古いファイルの自動上書き)や動作検知機能。厚みがわずか1センチ、重量42グラム。
2015-05-22-2 ドライブレコーダー
取り付けイメージ

本製品は動画・音声記録/写真撮影ができる2.4インチ液晶搭載のドライブレコーダー。昼間だけではなく夜間の撮影も可能。古いファイルから自動上書き録画するサイクル録画対応なので、SDカードの容量不足で録画ができなかったなんてこともありません。

シガーソケット給電で、12V車だけでなく24V車にも対応しているのでトラックなどの大型車でも利用できます。
2015-05-22-3 ドライブレコーダー
昼間の映像

2015-05-22-4 ドライブレコーダー
夜間の映像

【仕様】
イメージセンサー:1/6 color CMOS Image Sensor
動画解像度: 640×480ピクセル
フレームレート:最大30コマ/秒
静止画解像度:640×480 / 1280×1024ピクセル
画角:70度(対角)
インターフェース:USB2.0
電源:カーチャージャー(シガーソケット)
記録媒体:microSDカード(32GBまでの対応、SDHC対応)
記録時間:約10時間(32GB SDカード使用、640×480pixel時)
保存動画形式:AVI
保存写真形式:JPG
ファイルサイズ:40分間の撮影で約2GB
※撮影対象の動きによりファイルサイズは変わります。停止時の撮影ではサイズは小さくなります。
付属品:USBケーブル、カーチャージャー(12V/24V対応) 固定ホルダー、取扱説明書
サイズ:77mm×36mm×52mm

アスキーストア
http://ascii-store.jp/p/4533239026993/?aid=wamplus

 


  

三社祭でドローンを飛ばすことを「ほのめかした」として少年が逮捕された。ボクはこの逮捕は単なる見せしめで、法治国家としては不当なものであると思っている。
2015-05-22 ドローン
画像はドローンのイメージです

そもそも、総理大臣官邸にドローンを飛ばした犯人を、現行犯で捕まえられなかったり、2週間も不審物が見つからなかったことが警視庁の大失態で、犯人が出頭しなければおそらくまだ捕まっていないだろう。

その失態から世間の目をそらさせるために、今回の三社祭くんに難癖つけて逮捕したというのが実態だろう。大体、今回に限っては、三社祭くんはドローンを飛行させるとは一言も言っていない。

別にボクは三社祭くん(15)が 善い行いをしているとは思わないが(実際、彼のニコニコ動画はひどいもんだ)、それ以上に、警察は良くない。

第一、今回逮捕しても厳重注意くらいで終わるのが見え見えで、立件起訴できないだろう。なぜなら法律がまだないからだ。起訴できないのになぜ逮捕状が出ているのか。不思議である。

それに、仮に三社祭にドローンを飛ばして、最悪落下しても、怪我をするのは人ではなくて、ドローンが壊れるだけだと思う。その意味では東本願寺事件はまずいとは思うけどね。 


  

このページのトップヘ