PCなう

PC関連の記事を好き勝手に書きます。

カテゴリ: ノート

Acerは激安Windows10ノート『Aspire One Cloudbook』を発表しました。価格は11インチ(1.15kg)モデルが169ドル(約2万円)、14インチ(1.6kg)モデルが199ドル(約2万4000円)と、Chromebookよりも安く設定されています。
2015-08-10 Cloudbook
激安Windows10  Acer「Cloudbook」
2万円としてはかなり上出来ではないでしょうか。 
  • CPU………最新のCeleron
  • メモリー………2GB
  • ストレージ………32GB / 64GB
  • 無線LAN………802.11ac
  • Office365パーソナル&1TB OneDriveサブスクリプション付き
発売は今秋。北米から順次発売。ただし、残念なことに日本での発売は未定。日本での発売が期待されます。
(ん? 北米版をamazonで買って、Windows10を日本語版にアップデートしちゃえばいいのか? できるのかなぁ? やってみようかな、どうせ2万円だし。)


  



イイネ!(投票する)

昨日のASUSは安物でしたが、こちらのASUSはちゃんとした代物です。
2015-05-11 ASUS UX305FA
ASUS ZenBook UX305FA

CPUはCoreM(デュアルコア)で、MacBookと同じです。
メモリ4GB。十分な量と言えます。
SSD128GB。Officeと音楽を楽しむなら、問題ない容量です。動画はちょっとつらいでしょう。
13.3インチ(1920×1080)フルHD液晶。MacBookよりは劣るものの、広いです。
高速無線LANに加えてギガビット有線LAN付き。
そしてOffice Home and Business Premium が付いてきます。
8時間駆動。1.2kg。

惜しいのはSSDの容量くらいです。これがもし256GBあれば、MacBookよりもこちらを勧めるでしょう。
残念ながらカードスロットがないようなので、SSD増設は中をこじ開けてみないと、できるかどうかわかりません。

その分、MacBookより大変お求めやすいお値段となっております。現在9万円台から手に入ります。
お買い得ですよー。

ASUS ZenBook UX305FA
http://www.asus.com/jp/Notebooks_Ultrabooks/


  

企業向けパソコンをご存知だろうか? メーカーの中には、家庭向けと企業向けとに分けてパソコンを作っている所がある。家庭向けだといらないアプリがたくさん入っているのだが、企業向けだとあんまり入っていない。
2015-03-10 Vostro15 3000
今日の企業向けパンフにあった、破格モデル

上の写真は、今日届いた企業向けDELLパソコンパンフレットの目玉商品だ。OS込みで、初回お買い上げの企業に限り、何と1万円引き! Windows8.1(64bit)が入って28,980円(送料込み、税抜)というから驚きだ。

「でも企業だけじゃなぁ……」と、がっかりしなくても良い。もし欲しければ、個人事業主を名乗れば、誰でも手に入る。つまり「○○商店」の「誰々」なら買えるわけだ。これから「○○商店」を始めることにすれば良い。別に違法ではない。堂々と買える。

ただし、気をつけて欲しいのが、パソコンを使い終わった後の処理。家庭向けパソコンは無料リサイクルに出せるが、企業向けパソコンは、自分で処分しなくてはならない(有料)。違いはそこだけ。

まずはお気軽にお電話を。

DELL 法人向けストア
0120-912-153    (3DM5Q)
http://www.dell.co.jp

 

本日午前2時、Appleは新製品を発表した。もちろんメインはApple Watchなのだが、それはちょっと置いておいて……
2015-03-10 MacBook
MacBook12" Retina が期待以上だ!!

これまでのMacBook Airのマイナーアップデートではない。根本から構造が異なる。

まず、ディスプレイがRetina化された(2304×1440)。キーボードも構造が一新。パンタグラフ式からバタフライ式へと、薄くなった。タッチパッドも薄くするため、クリック感はなくなった。代わりに、クリック圧力の強さで、クリックorプレスを判別するという、世界一賢いトラックパッドになった。もちろん、従来のジェスチャー機能はそっくりそのまま使える。

本体にCPUファンはない。最新のCore Mを採用したため、ファンが必要なくなった。その分薄く軽くなり、しかもバッテリーを満載している。

インターフェースはなんとUSB3.1ひとつ。電源もそこから供給される。別売りアダプターを付ければ、ひとつのUSB3.1ポートで、ディスプレイ、USB3.1(5Gbps)、電源などが同時に使える。

色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色が初めて用意された。iPhoneみたいだ。中でもゴールドの筐体のパソコンは、今まで見たことがない。ボクは密かにこれを期待していた。Appleはやった! これは買いだ!! 発売が待たれる。

  MacBook 12"
解像度 2304×1440 (Retina)
CPU Core M 1.1GHzデュアルコア Max2.4GHz Core M 1.2GHzデュアルコア Max2.6GHz
  4MB L3キャッシュ
グラフィック Intel HD Graphics 5300
メモリー 8GB
SSD 256GB 512GB
USB 3.1×1
オーディオ ステレオスピーカー / デュアルマイクロフォン
ヘッドホン端子 ヘッドフォン / 光デジタルオーディオ出力(ミニジャック)
Apple iPhoneリモート&マイク付きヘッドセットに対応
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
FaceTimeカメラ
駆動時間 9時間
重量 0.92kg
値段(税別) 148,800円 184,800円

apple
http://www.apple.com/jp/mac/


 

日本エイサーは、13.3型Chromebook「Chromebook CB5-311」を3月6日に発売する。予想価格は45,000円前後。
2015-03-04 Chromebook
4万5千円もするのに、アプリが少ないChromebook

2月に発売した11.6型の「Chromebook CB3-111」と同じシリーズに属する13.3型モデル。

主な仕様は、メモリ4GB、32GB eMMC、1,366×768ドット表示対応13.3型ワイド比光沢液晶ディスプレイを搭載。インターフェイスは、SDカードリーダ、USB 3.0×2、HDMI出力、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、HD対応Webカメラ、音声入出力。

バッテリ駆動時間は約13時間。本体サイズは約327×227.5×17.95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.5kg。と、本体のスペックは良い。

HDD部分はGoogleDriveを使うため、この容量で良いと思うが、現在、300GBクラスのHDDなんて超安い。わざわざ外部ドライブにする必然性が全くなくなっている。

問題は値段だ。いま4万5千円あれば、Celeronではあるもののタッチパネル付きネットブックの入門機が、オフィス付きで買える。それなら、ソフトが豊富なWindowsを買った方がずっと利口だ。わざわざChrome OSにする必然性がない。

このままでは今年中にChrome OSパソコンは絶滅するだろう。

 

 またもや Windows が Macintosh を追い越した。DELLは、4Kディスプレイ搭載15インチノートパソコンを発売した。
56
DELL New Inspiron 15 7000シリーズ プラチナ Graphic Pro

 特長は4Kディスプレイ(3840×2160)搭載15.6インチ搭載。これは MacBook Pro 15インチの Retina ディスプレイ(2880×1800)よりも高精細だ。2つのモデルを比較してみよう。

 赤字はより優れている項目。

DELL New Inspiron 15 7000 プラチナ MacBook Pro 15インチ Retina
CPU Core i7 Core i7
OS Windows 8.1 OS X Yosemite
メモリー 16GB 16GB
CPU Core i7 Core i7
ストレージ 1TB HDD 256GB SSD
ディスプレイ 3840×2160 2880×1800
無線LAN IEEE802.11ac IEEE802.11ac
Bluetooth 4.0 4.0
USBポート 3.0×2、2.0×1 3.0×2
SDカードスロット SDXC×1 SDXC×1
HDMIポート HDMI×1 HDMI×1
Thunderbolt なし Thunderbolt×2
スピーカー ステレオ ステレオ
マイク デュアル デュアル
Webカメラ 1Mp HD 720p HD
ジャック ヘッドセット×1 ヘッドホン/ヘットセット×1(オーディオライン出力(デジタル/アナログ)対応)
大きさ 幅338×奥行き262×高さ20mm 幅359×奥行き248×高さ18mm
重さ 2.06kg 2.02kg
バッテリー持続時間 9時間
価格 129,980円(税別) 194,800円(税別)

 DELLの方が画面が精細。MacBook Proの方が動作が速く拡張性が高い。DELLの方は、64,820円も安い。これは、MacBook Pro に Tunderbolt 端子が2つも付いているため、コストアップしたのだと思われる。

 ストレージに HDD が採用されているのは、コストダウンのためだろう。HDD のため、Macより処理速度は遅くなる。これは SSD に換装できるのだろうか。SSD にしたら無敵だと思うのだが。

 

 久々に胸踊らされるかっこいいノートパソコンが、DELLから発売された。
2015-01-14 Dell XPS13 Graphic Pro
DELL New XPS 13 Graphic PRO

 特徴は、13.3インチながらもフルHD(1980×1080)で、しかも本体が世界最小。ディスプレイ枠が非常に細いのでスマートだ。

 その名が示す通り、グラフィックを扱うプロ用途に十分な性能を備える。
MacBook Pro の Retina ディスプレイよりも画素は細かい。
  • CPU……………………i5-5200U または i7-5500U
  • メモリー………………8GB
  • SSD……………………256GB
  • ディスプレイ…………13.3" フルHD(1920×1080)
  • OS……………………Windows 8.1 / 64bit 
  • インターフェース……USB3.0×2、mini Display ×1、SD・SDHC・SDXCカードリーダー×1
  • 無線LAN………………IEEE 802.11ac
  • 付属アプリケーション……Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 13、マカフィー リブセーフ (12ケ月間更新サービス)
  • 大きさ…………………幅304×奥行き200×高さ15mm
  • 重量……………………1.18kg
 Photoshop Elements と Premiere Elements 付属なのは嬉しい。写真編集にはうってつけだ。Microsoft Office はオプションで付けることができる。

 価格は i5 が 119,980円。i7 が 139,980円。
ただし、1月19日まで、DELLネットストアから買うと、5,000円引きとなる。買うなら急げ!

 DELL製品ページ
http://www.dell.com/jp/p/xps-13-9343-laptop/pd
0120-912-146

 

 ヤマダ電機を始め、ヨドバシカメラやビックカメラなど、実店鋪型の大型店の値段は、「安い!安い!」と思い込みがちだが、実はそんなに安くない。

 2015-01-01 ヤマダ電機
事実、ネット広告にも堂々と書いてある。


 世の中「安かろう、悪かろう」とも言えなくもないが、実際あるメーカーの中の人に聞いたところ、一流日本製品に限って言えば、いわゆる「B級品(ポンコツ)」とかは絶対に無いそうだ。高い店も安い店も、中身はみんな同じ品質である。

 (ただし、そのメーカーでは「わけあり商品」と売ることもあるそうだが、この場合は特別価格)

  抜き取り検査なので、万が一不良品が出まわることもありうるので、保証書をつけて対応しているそうだ。運悪く不良品にあたってしまっても、必ず修理または交換してもらえるので、国産品は安心して買って良い。

 同じ物なら安いほうがいいんじゃないの? ごもっとも。K'sデンキ、ヤマダなどでは、最初はやや高めの値段が提示してある。だから、遠慮なく値切って良い。「ダメでもともと」。実は、店の方も値切られることを期待している。「その場でズバッと現金値引き」が謳い文句になるからだ。

 実際は値切らないお客さんが90%以上だから、お店にとっては痛くもかゆくもない。日本人はあまり値切らない民族なのだ。ユダヤ人は必ず値切る。いや、値切らなくちゃ失礼だとすら思っている。

 昔、秋葉原の電気街が全盛だった頃、各店舗はみんな定価を提示した上、赤マジックでバッテンを引いて、本当の値段を隠して売っていた。そのやり方は姑息なのでやがて客から嫌われ、没落したのである。

 いまではお店も「必ずお安くします」とはいっても、「これ以上はかんべんしてください」とちゃんと言う。決して赤字覚悟ではないから、こちらも安心して値切って、買い物を楽しもう。

 

 ASUSが MacBook Air そっくりのパソコンを売っていると聞いて、調べてみた。
2015-01-01 ZenBook-2
ASUS ZenBook UX303LN UX303LN-4210

 確かに形は MacBook Air そっくりだ。スペックはどうだろう。
  • 13.3インチ フルHD (1920x1080)  タッチパネル無し
  • Core i5 4210U(Haswell Refresh) 1.7GHz/2コア
  • メモリ 8GB
  • 500GB HDD
  • 無線LAN / 有線LAN
  • USB3.0
  • HDMI
  • Bluetooth
  • Windows 8.1 / 64bit
  • 駆動時間 6.4時間
  • 1.5kg
 価格 98,000円前後

 ZenBook は HDD なのが痛い。これは痛恨のボトルネックとなる。いくら i5 を装備したって、HDD でレスポンスは台無しになるのだ。

 もう現在のパソコンで HDD は時代遅れである。SSD を一度使ってしまうと、もう元には戻れない。時代を何年も先取りした MacBook Air は、SSD の中でも最速のメモリを積んでいる。

 だが、ZenBook も勝っているところがある。フルHD(1920x1080)なのだ。MacBook Air は同じ13インチでも(1440x900)しかない。この画面の狭さは MacBook Air の泣き所でもある。

 勝負は引き分け。もし ZenBook が SSD に換装できるのなら、ZenBook の勝ちだ。

 Samsungが12インチの新型ノートPC「Ativ Book 9」を発表した。
2015-01-01 サムスンAtivBook9
Samsung 会心の12インチノート「Ativ Book 9」

 1番の特長は12.2インチにもかかわらず 2560×1600 ピクセルの、いわゆる「Retina」ディスプレイを搭載していること。2番目には Intel Core Mプロセッサ(Broadwell)を搭載したファンレス仕様となっていることも見逃せない。

 ・ディスプレイ:12.2インチ(2560×1600 ピクセル/250ppi)
 ・CPU:Intel Core Mプロセッサ(Broadwell)
 ・RAM:4GB / 8GB
 ・ストレージ:128GB SSD / 256GB SSD
 ・価格:1200〜1400ドル(約14.4〜16.8万円(税抜き))
 ・バッテリー駆動時間:10.5時間
 ・OS:Windows 8.1
 ・発売時期:2015年第1四半期

 この製品は、発売が噂されている Apple MacBook Air 12'' Retina とガチでぶつかると見られる。同じようなスペックだけに、Apple の苦戦が予想される。

 

 外出の機会があったので、カバンも持たず、MacBook Air 11'' だけ小脇に抱えて出かけてみた。
main2
画像はイメージです。

電車の中。 
 座れたので、膝の上で MacBook Air 11'' を開いてブログを書いてみた。最初はトラックパッドの操作に戸惑ったが、5分で慣れた。

 だが、膝の上に乗せると、キーボードが奥へ行くほど下へ沈む。つまり、ふとももが滑り台のようになって、落っこちそうになるのだ。また、画面も目から遠いので、もともと小さい MacBook Air 11'' の画面は見にくい。

 滑り台現象を解決している人がいた。座りながら、爪先立ちしているのだ。膝(ひざ)の位置が高くなるので、滑り落ちることはない。だが、爪先立ちはちょっとつらい。

病院の中。
 待合室で時間があったのでパソコンを開いた。ダウンジャケットを脱いで膝の上に乗せ、その上に MacBook Air 11'' を乗せてみた。これなら滑り台にはならないだろう。と思いきや、ジャケットはふかふかなので、あまり効果がない。やはり座りながら膝を上げる無理な姿勢が一番良い。つらいけど。

会社の中。
 机があるので、いつも通り安定して使える。マウスがないのは全く問題にならない。MacBook Air のタッチパッドの操作性は素晴らしすぎる。

ふと気付いたこと。
 机がない状況下で、安定してパソコンを用いて仕事をこなすには、パソコン本体をまず手で支えなくてはならない。膝ではダメだ。よって、パソコンよりタブレット端末の方が、扱いやすいはずだ。
 
 しかし、現状のタブレット端末は、どういう態勢で操作されることを想定しているのか、よくわからない。

 僕が思うに、ファミコンのコントローラーのちょっと大きい版に液晶画面をつけた形が、最も安定しているように思える。見たことあるぞ。そうだ、PSP / PSVITA のようなあの形である! 
psp-vita
こんな形なら、立ちながらでも仕事ができる。
 
 ぜひメーカーには PSP形の7インチ版 Windows パソコンを作って欲しい。

 こうなったら僕が自作して持ち込んでみたいが、液晶画面部分をどうしようか悩んでいるところだ。パソコン本体部分は売っているが、画面は売っていないのだ(10インチくらいならある)。

 

 中古 Windows パソコンが、値崩れを起こしている。
キャプチャ
1万円以下で十分実用的な Windows が買える

 こうなると、Chrome OS ノートが3万円以下で買えるといっても、あまり魅力的とはいえない。上で紹介した機種は Office が入っていないが、Microsoft Office Online を使えば無料だし、Office 365 を使うのも良いだろう。

【中古PCショップ】

 どうしても新品の Windows が良いのなら、3万円で買える。
キャプチ3
わずか28,400円で最新 Windows が買える

 なにもこだわりさえなければ、PCはこんなにも安いのだ。Macintosh をわざわざ選ぶのもばからしく感じてくる。
 

3
 現行のMacBookに搭載されているSSDの速さは業界No.1で、これ以上ないってほど速い素晴らしいものが入っている。だから高いのだが、じゃあ容量は最低どのくらい必要なのか。 

11
デュアルブートにしなければ、128GB(左)で大丈夫

 選び方は意外と簡単だ。Mac OSしか使わない&オフィスソフトだけしか使わないのであれば、128GBモデルで十分だ。

 デュアルブートにしたければ、迷わず256GBを選ぼう。

 512GBカスタマイズは、パワーユーザー向けだ。パワーユーザーなら、どのくらいの容量が必要か自分でわかるだろう。

 動画を編集したいとか、プロユーザーは MacBook Aiir ではなく、MacBook Pro を自ずと選択するだろう。



 

5
おまたせ! 「SSDが足りない……けど買い替えは高い。」とお嘆きの MacBook Air / Pro ユーザーの皆様。このたび Transcend がメモリアップグレードキットを発売しました!

キャプチャ
我らがTranscend の MacBook Air SSD 増設キット
 

 240GB・・・21,800円
 480GB・・・41,800円
 960GB・・・74,800円

 増設方法はリンク先のビデオを見て欲しい。専用工具が付属。思いの外、簡単なのだ。

 注意事項は、対応機種が細かいこと。「何年のいつ発売はこれ」と決まっているので、これもやはりリンク先で確認してから買って欲しい。 

 なお、今回は MacBook Air / Proのみを紹介したが、Mac mini 用のHDD増設 キットも発売されているので、興味のある人はネット検索して欲しい。

  

5
 Appleは MacBook Air シリーズすべての機種について、値下げした。


2014-04-29 macbook air

Macが安いよ買うしかないよ

 性能はちょびっと良くなった程度なので省略。注目すべきは価格! (税別)

11インチ:128GB 93,800円 →  88,800円 
11インチ:256GB 112,800円 →  108,800円
13インチ:128GB 103,800円 →  98,800円 
13インチ:256GB 122,800円 →  118,800円

 MacBook Air はもうこれで完成形なのではないだろうか? トラックパッドは使いやすすぎるし、「あとは画面のRetina化だ!」という人もいるが、ボクの持っている11インチに限って言えば、これ以上画面が細かくなっても目の検査だ。今だって目を細めないとわからないくらい十分に細かい。

 個人的には、iMacのもう一回り小さいサイズを出して欲しい。21インチは大きいし、ましてや27インチなんてどこに置けばいいのさ。

 もしあなたがMacが初めてだったら、一緒にアップルケアを買うと良い。電話でどんな疑問も解決してもらえる。 ボクだって、まだMacのすべてを知ったわけではない。いつも電話で問い合わせながら遊んでいる。

 

4
 安いゾォーーーーーー!! 3万円台でパソコンが買える。なんていい時代になったんだ。庶民の味方ASUSから、十分実用的で格安のノートパソコンが、amazonでたったの38,000円だだだ! 
50

ASUS Xシリーズ X550CA-XX656H


 なんとテンキーまでついている。画面の大きさは15.6型なので、ごく標準的なのノートパソコンといえる。 主な仕様を見てみよう。

・OS Windows 8 / 64ビット
・CPU Celeron 1007U 1.5GHz
・RAM 2GB(最大6GB)
・ディスプレイ 光沢LED液晶15.6"(1366×768ドット)
・タッチパネル 無し
・HDD 320GB
・DVDスーパーマルチドライブ内蔵
・ステレオスピーカー・マイク・Webカメラ内蔵
・LAN 1000Base-T
・無線LAN IEEE802.11b/g/n
・HDMI×1
・VGA×1
・USB3.0×1
・USB2.0×1
・SDカードスロット
・約2.35kg

  惜しいのは、Windows8搭載でありながら、タッチパネルが非搭載であることだ。そこを除けば、スタンダードなノートパソコンとして、十分実用的だろう。
 おさえるところはキッチリ押さえてあるからだ。この価格帯でDVDドライブをしっかりと搭載している点も評価できる。これが3万円台で買えるのだから非常にお買い得である。

 38,000円



 

5
 MacBook Airに非常に良く似たWindows対応ノートパソコンが、お手頃価格でAcerから発売された。
 09
Acer Aspire V5-122P-N44D/S

 見た目、 重さともにMacBook Airを意識していると思われる。しかしAspire V5-122P-N44D/Sは、値段が安いこともさることながら、MacBook Airを凌駕している点が多々ある。

 基本性能を見てみよう。
・OS 
Windows 8
・CPU AMD 
A6 - 1450, 1 GHz(4コア)
・ディスプレイ IPS LED 
11.6インチ - 1366×768 10点マルチタッチ
・メモリー 
4 GB
・HDD 
500 GB
・グラフィック 
AMD Radeon HD 8250
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
Webカメラ、マイクロフォン内蔵
USB 2.0×1
・USB 3.0×1
Fast Ethernet ポート
VGA ポート
SDカードスロット
最長駆動時間 約4.5 時間
289×奥行き206mm
・約1.38 kg
・KingSoft Office Standard 付属

 どうだろう。赤文字で示した部分は、MacBook Air11"を上回る部分だ。コストパフォーマンスは最高と言えるだろう。

 え? MacBook AirはSSDだから、そっちの方がいいって? 
 ふふふふふ。

 実は
Aspire V5-122P-N44D/Sは、ウラぶたを開けることが可能で、その気になれば比較的簡単に、SSDに換装できるのである。
14
HDDをSSDに換装可能!! 

 こうなるとMacBook Airも真っ青である。いちばんのボトルネックであるHDDがなくなってしまうと、スピードは劇的にアップする。
 というか、このAspire V5-122P-N44D/Sは、SSD換装が醍醐味なのではなかろうか。比較的安価にて本体を手に入れ、予算が貯まったらSSDへの換装にチャレンジしてほしい。自分で改造したマシンほど、愛着の湧く物はない。 
  改造はWindowsユーザーの特権なのだ!

 
日本エイサー (AAXBV) Aspire V5 (AMD A6-1450 APU/4G/500G/11.6/Win8 64bit) V5-122P-N44D/S
日本エイサー
2013-06-21

49,800円前後 




5
 タブレットを兼ねるノートパソコンといえば、ディスプレイが回ったりするのが定番だが、ASUSは表裏とも両方にディスプレイを付けてしまった。コストを無視した思い切ったアイデアだ。
 41
54
風変わりな2画面ノートパソコン 

 これが結構売れているというから世の中よくわかない。いや、私が遅れているだけだろう。
 確かに両面に画面があれば、プレゼンテーションのときに便利だ。両方同じ画面を映すことも、違う画面にすることも出来る。また、ノートパソコンとして使う場合は、ウラの画面を消すことも出来る。
 あっぱれ。よく出来ているではないか。

 肝心の性能を見てみよう。
・Windows 8 64ビット
・Core i5 プロセッサー
・4GBメモリー
・SSD 128GB
・インテルHDグラフィックス4000
・無線LAN 802.11bgn
・タブレット面 11.6インチTFTタッチスクリーンIPS液晶フルHD(1920×1080ドット)
・ ノートパソコン面 11.6インチTFT IPS液晶フルHD(1920×1080ドット)
・電子コンパス、加速度センサー、ジャイロスコープ内蔵
・幅306.6×奥行き199.3×高さ17.4mm
・1.25kg
・バッテリー駆動時間約5.3時間

 なかなか良いではないか。11インチクラスでSSD 128GBのノートパソコンの価格帯が10万円超な事を考えると、画面がおまけについていてお買い得間を感じる。 



 

5
 NECの超軽量ノートPC/Ultrabook「LaVie Z」が待望のモデルチェンジ。「795グラム」「2560×1440」「Haswell化」「ブラックカラー追加」「タッチモデルも用意」と注目ポイントをたくさん携えて進化した。

lavie1
NEC LaVie Z LZ750/NSB PC-LZ750NSB


 DPI設定を100%に設定して使用すると、しびれるほど超細かい表示である。IGZOモデルはノングレア表面でディスプレイフレームもつや消し仕様なのがうれしい。屋外の太陽光下や蛍光灯が並ぶオフィス内、あるいはこういった光の当たる場所でも作業しやすい。なんといっても表示が細かいのが嬉しい。それでいて信じられない軽さである。

lavie2
白と黒のボディ


主な仕様
  【CPU】Core i7-4500U(1.80GHz)、【メモリ】4GB、【SSD】256GB、【ドライブ】なし、【モニター】13.3型ワイド(2560×1440)、【グラフィック】インテル HD グラフィックス 4400、【OS】Windows 8.1 64ビット、【Office】Office Home and Business 2013

NEC PC-LZ750NSB LaVie Z
NEC
2013-11-21

162,800円前後 


5
 サイズは小さいが、その画面の美しさには誰もが目を奪われずにいられない。Apple MacBook Pro の新作、Retina ディスプレイモデルである。

macbookpro1

 こいつの特長は何と言っても画面が繊細でくっきりとしていて美しいこと。解像度は2560×1600と、ハイビジョンテレビをも軽く凌ぐ。

wifi
 そして何気に凄いのは、無線LANのデータ転送速度。ルーターが802.acに対応していれば、何と1300Mbpsで通信できるのである。

 これは他にはあまり類を見ない。MacBook Air の最新型くらいである。

 値段は少し張るものの、マニアだったらぜひ手にとってみたい1台だ。



 




【良い所】
 何と言っても画面が美しい。小さいので持ち運びが比較的ラク。基本性能はお寿司で言えば中トロ。なかなか良い。SSDなので速さは圧巻。無線LANが最新。Mac OS なので付属ソフトが多い。バッテリーの持ちが良い。前モデルより軽く、やや小さめ。


【惜しい点】
 USB端子が少ない。DVDドライブが外付けになった。

 

 

ディスプレイ
サイズ 13.3インチ
解像度 2560×1600
タッチパネル -
3D対応 -
キーボード取り外し 不可
   
基本性能
CPU Core i5 2.6GHz
メインメモリ 8GB
SSD 256GB
ドライブタイプ -
ビデオチップ Intel Iris Graphics
ビデオメモリ -
TVチューナー -
   
インターフェース
モデム -
有線LAN -
無線LAN 1300Mbps
モバイル通信 -
Webカメラ
VGA出力端子 -
HDMI端子 1
テンキー -
USB3.0 2
USB2.0 -
Thnderbolt 2
SDXCカードスロット 1
ヘッドフォン端子 1
デュアルマイク 内蔵
 
付属ソフト

Mac OS X Mavericks

Version 10.9
ワープロ Pages
表計算 Nombers
プレゼンテーション Keynote
ウェブブラウザ Safari
メール メール
電子図書 iBooks
音楽 iTunes
アルバム iPhoto
ビデオ編集 iMovie
サウンドライブラリ GarageBand
地図 Map
カレンダー カレンダー
TV電話 FaceTime
チャット メッセージ
ゲーム Game Center
バックアップ Time Machine
その他  
   
バッテリー
駆動時間 9時間
   
サイズ・重量
31.4cm
高さ 1.8cm
奥行き 21.9cm
重量 1.57kg
   

 


 

このページのトップヘ